スイングプレーンの勘違いとは?

こんにちわ
右手のゴルフの片山晃です。

今回は、スイングプレーンについて
ご説明したいと思います。

スイングプレーンと言うのは
丁度、ヘッドが地面と平行
シャフトが地面と平行なった所から平行になった

抜けるとこまでですね、後ろから見ていただくと
このシャフトの傾きの上をヘッドがなぞる

丁度、この間をシャフトプレーン上をヘッドが動く事を
スイングプレーンって言うんですけども

その上を必ずバックスイングもダウンスイングも
通んなきゃいけない、ここを通そうとするがあまり
シャフトをしならせるとか、スイングするとか

ていう事を全く忘れてしまっているんですね。
正直言います、スイングプレーン上を上がって降りる。
これをなぞる事なんて、人間の体、難しいんです。

かなり体をスイングの為に鍛えてるプロゴルファー
そのも一部のプロゴルファー以外
そんな事をしているプロゴルファーもいないぐらい
スイングプレーン上を上げて下すという事は難しいんです。

特にアマチュアで、週一回も練習できない方が
そんな事をするのは、すごく合理的ではないんです。

スイングプレーン上、動くよりも一番大切なのは
ヘッドを上にあげて、逆に後ろへ落とす様にすると

それでスイングプレーン上の上を若干上がりながら
スイングプレーン上ないしは、スイングプレーンの
ちょっと下から入ってくるていう動きに
なりやすいんですね。

ですから、極端に言うとアウトサイドへ上げて
インサイドへ下すだけで、実はスイングプレーン上の
ほぼ、上を通ってる動きになりやすいんです。

そして、一番私がゴルフのクラブで必要な事
重要な事は、シャフトを後ろへしならせたものを
逆しなりさせる、この動きもそこへ加味される訳です。

ですから、スイングプレーン上を上げて下すなどという事
これは、絶対にやってはいけない事なんです。

良く鉄のループがありますが、鉄のループの上を
シャフトを動かす、ヘッドを動かしながら打つ
こんな事、出来る訳ないんです。

アウトに上げた物を思い切ってインサイドへ降ろすだけで
これで胸が後ろを向けているので、スイングプレーン上の
近くをクラブは通ります。

そして、尚且つ大切な事はフェイスをボールが
スクエアにコンタクト出来るんです。

皆さんも、スイングプレーンていう言葉
それに惑わされる事なく、アウトに上げて
インサイドへしっかり降ろしてくればボールは
強く飛んでいきます。

結果的にスイングプレーンの近くをクラブが動いてるんです。
あまり、そういう事に囚われず、自由に右手を使って
ゴルフをやってみて下さい。

きっといい結果が出るはずです。