朝イチや午後イチの注意点

こんにちわ
右手のゴルフの片山晃です。

今回は、朝一のティーショットとか
お昼、ごはんが終わった後の一番のティーショット

こういう時に、なんとなく不安を感じると思います。

特に朝一のショットなんて不安を感じると思うんですが
それで、例えば前の日に練習して

自分で注意した事とか
朝、練習場で上手くいかなくて不安を抱えたまま
スイングするとか、不安を抱えたままスイングして
良い結果出るわけないんです。

全て忘れた方が良いです。

例え、朝の練習、前の日の練習で調子良くても
『調子いいぞ』と思わない方がいいですし

『調子が悪いからヤダな、どういう風になるんだろう?』

って不安のまま打たない方が良いんです。
全て忘れてしまった方が良いです。
そっから始まるんです。

私はいつも何を考えるかというと
グリップの力を抜く事です。

グリップの力を抜く事、そして肩の力を抜く事
後は、結構いい加減にスイングする事を心がけてます。

絶対に『あれをやって、これをやって』
『こうやって行こう』なんて思いません。

肩の力とグリップの力を抜いて
そこそこいい加減なスイングをしています。

そんな感じで出てって、自分の調子を見ながら
少しずつ、自分のスイングの精度を
上げていけば良いんです。

午後の一番も、朝の一番もグリップの力を抜いて
少しいい加減なスイングしてみて下さい。

是非、それでおやりになると案外
朝一のショットってナイスショットが打てたりするんです。

でも、それで気負っちゃダメです。
そのまんま、2、3ホールはいい加減なスイングを
続けてってください、いいですね。

いい加減なスイングで打ってみたいと思います。

グリップの力を抜いて、肩の力を抜いて
かなりいい加減なスイングです。

でも、ボール真直ぐ行ってます。
是非、グリップの力、肩の力を抜いて
スイングしてみて下さい。