スイング軸はボールの内側

こんにちわ
右手のゴルフの片山晃です。

今回は、ドライバーで良く見かけるんですが
私は、スイング軸っていうのは左の股関節
という風に皆さんにご説明してます。

こっから動かさない様に打って下さい。

それはアイアンでもドライバーでもそうなんですが
ドライバーに関して言うと
このスイング軸が左にスイング軸がある。

って思って皆さん、そのまんま左にもっと体重を
移していくんですね。

そうするとどうなるか?というと
スイング軸がボールよりも、もっと左側
先へ行ってしまうんですね。

こうなってしまうと、テンプラ、ダフリ
大きなミスショットの原因になります。

スイング軸は
左股関節の所が自分のスイング軸なんです。

こっから絶対出ない様に
出ていってしまうと、最下点がボールに
近づいていきます。

つまり、ティーの下に最下点が来てしまうと
これはテンプラボールになってしまいます。

それよりも、もっと左に行ってしまうと
今度は、左へのチーピンボールを打ってしまうんです。

大きなミスショットになってしまいます。
スイング軸というのは左股関節から動かしません。

だから、そうやって動かしていく方にとっては
このまま、スイング軸を左股関節というと

『これは右足の上で打ってるんじゃないか?』

思うぐらいかもしれませんけども
そのぐらい自分の体を動かさない様に打っていくと
丁度、ボールよりも15cm後ろが最下点になるんです。

自分のスイング軸の所が最下点になります。
そして、自然と上がりながらアッパーブローに
ボールに当たってってくれます。

自分でアッパーに行ったりしないで下さい。
スイングは円軌道なのでティーアップしている
ドライバーの場合は、最下点を
15~20cm下に持ってくればいいんです。

その為には、自分のスイングの軸を動かさない様に
左だからと言って、それ以上左に
行く必要はないんです。

そこを注意しながら打ってみて下さい。
では実際にそこに注意しながら打ってみたいと思います。
今、スイング軸、左股関節の前にヘッドを置きました。

ここに、あるボールを地面にあるボールを
打つつもりでスイングしてくれば良いんです。

では実際に打ってみたいと思います。
ストレートなボールが飛んで行きました。

そして、強いボールになりました。
それは、最下点を過ぎて自然にクラブが上がりながら
当たってくれたからです。

決して左へ体をスイング軸を持っていかない様に
注意しながらドライバーの練習をしてみて下さい。