ヒールヒットの原因と対策

こんにちわ
右手のゴルフの片山晃です。

今回は、良く皆さんから聞くんですが
フェイスシールなどを貼って、打点を調べた時に
ヒール側にしか当たらない、どうやったらいいんですか?
よく聞かれるんです。

確かに、ヒールで打ってる人が多いんです。
何故かと言いと、ほとんどの人がスライスしてます。

スライスで悩んでます。
その方々、もう99%ヒール側で当たってます。

ヒールで打ってしまうと、ボールはスライスするんですね。

スライスしてるっていう方は
もうほとんど、フェイスシールを貼らなくても
ヒール側で打ってると思って下さい。

何が原因か?

大体、ダウンスイングで右肩が下がる
右ひじを絞る、これが原因なんですね。

あとは、右手が使わない様にって言われてる
と思うんですけども、使わない様にしてるんで

意識してないんで、そのまま開いた形で
打ってしまっている、左手でリードしてしまっている。

左サイドでボールを打とうとしてしまってるんで
大体ヒールに当たるんですね。

こんな事してたら、いつまで経っても上手くいきません。

毎日毎日、練習場に通っても、なかなか
スライスボールから脱出する事はできません。

簡単な事です。
右サイドに意識を持たして、右肩を落とさない様に
右手で振ればいいんです。

これだけで真直ぐいきます。
ボールはトウ寄りの方で打った方が飛ぶんです。

なるべく、芯で打とうと思わないで
トウ寄りで打つように右手で意識して打ってみて下さい。

右肩を落とさない様にして
それだけで飛んで行きます。

実際に打ってみたいと思います。

右肩を落とさない様に左サイドは
一切、意識を持たなくて結構です。

これで強いドローボールが打ててしまうんです。

是非、こんな格好してスイングをしない様に
右脇を締めて右ひじが下を向いたら
スライスボールしか出ません。

またヒールにしか当たりません。
是非、皆さんもそこを注意しながら

練習してみて下さい。