胸を右斜め後方に向けたままスイング

こんにちわ
右手のゴルフの片山晃です。

今回は、トップからダウンスイングで

私が良く言ってる事なんですが
トップからダウンスイングで
左サイド、腰を切って打て、これは間違いですよ。

後ろを向いたまま
後ろを向いたままヘッドを早く降ろしてきて下さい。

左サイドが動いてしまうと
ダメなんです。

胸が後ろを向いたまま、ダウンスイングで
右手を使って下さい。

左サイドが少しでも動いてしますと
ボールが真直ぐ行かないばかりか
強く遠くへ飛ばす事が出来ないんです。

逆に皆さん腰を切って打った方が
すごく強く打てると思ってるかもしれませんけど
体がそういう動きで打ってしまうと

体は確かに打った気持ちになるんですが
実は、全くクラブが振れないんです。

クラブをインパクトの直前に
逆しなりをさせる為には
胸を後ろに向けたまま
そのまま振っていく事なんです。

ですから、クラブを溜めて降ろすと
必ず胸は開いていきます。

これだと強い球が打てません。

また、真直ぐなボール、ドローボールなんて
絶対に打てる訳がないんです。

ここでやって頂きたいのは
胸を後ろに向けたまま、振っていくと
右肩が落ちない綺麗なスイングになります。

皆さんが良く言うヘッドアップをしない
ヘッドアップをしない事を心がけるよりも
胸を後ろに向けたまま手を振ってやると
綺麗なインパクトの形になってます。

その後は自然に任せて
自分の打ったボールを見て下さい。

是非、そういう形で打ってみて下さい。

なにがこれだと届かない様な感じになるかもしれませんが
心配する事はありません。

必ずボールを打つ事が出来ます。
是非、そこに注意しながら皆さんも打ってみて下さい。

実際に今から打ってみたいと思います。

右肩を落とさない様に、胸が後ろを向いた状態で
打っていきます。

ヘッドが行った後、体が行く
そういうかたちでいいと思います。

インパクトした後に、体と顔が向うを見る。
そういう形で振ってみて下さい。

今までより、たぶん20ヤードぐらい飛ぶはずです。
是非、試してみて下さい。