左手首を甲側に折ると左脇がしまる

こんにちわ。
右手のゴルフの片山晃です。

今回は、皆さんが凄く気にされてる、動画を撮ったり
分解写真を撮った時に、正面から撮った時にですね

良く皆さんから質問受けるのは、インパクトの後
左ひじが抜けてしまう、曲がってしまうんです。

これどうしたらいいですか?左脇を絞ったらいいですか?
良くいろんな事を聞かれます。

でも、左サイドに意識を持ってる限り、左手は必ず引けちゃいます。
ほとんどの人が引くかこねるかどっちかです。

これをやってると、球筋も安定しませんし
いつも正しいインパクトはできません。

どうやるか?簡単なことです。
左のグリップ、ナックルが3つ見えるぐらいストロングに握ります。

そして右手は下から持ちます。
そしてこの左手のグリップ、ここは重要になります。

今、左手首は甲側軽く曲がってます。
これがバックスイングのトップでも、左手首は甲側に曲がります。

そして、右手を使ってそのまま真直ぐ打っていくと
やはりインパクトの後、フォロースルーでも左手首は
甲側に曲がります。

そして、左ひじも軽く折れてます。ただし見て下さい。
左脇は締まってます。

右手でこの動きをすると、そして左手首の柔らかさがあれば
左脇は自然と締まります。そうすると
左脇が締まった正しいスイングになります。

左サイドで何かをやろうとしても左脇を締まる事はありません。
右手を正しく使って打ってみて下さい。

では実際に今から打ってみたいと思います。
ストレートな良いボールになりました。

今見ていただいて分かるように左脇が締まるのは、インパクトの前後
ここだけでいいんです。この後締めとく必要はありません。

この後は緩やかに開いていきます。

ただし、こういう左脇が空いた左ひじが引けた
こういうスイングにはなりません。

是非、スリーナックル見える左手のグリップ
これで左手首を甲側に曲げてスイングしてみて下さい。

見違える様に良い球になると思います。