シャフトは2回しならせる事が正解

こんにちわ。
右手のゴルフの片山晃です。

今回は、シャフトのしなりについてご説明したいと思います。

皆さんシャフトをしならせて打つ、これは大体皆さんご存知ですよね。

シャフトというのは、クラブをトップまで持ってって
それから振り下ろしてくると後ろへはしなります。

どんなスイングされる方でも後ろへしならせる、この事は皆さん理解してます。
ただシャフトはスイング中もう一回しなるんです。

後ろへ、手元よりも後ろへしなったクラブが、インパクトの直前にしなり戻りですね。
こういう動きです。手でやると後ろにしなるんじゃなくて、しなり戻るんですね。

実は、この動きを使わないとボールを真直ぐ遠くへ飛ばすことが出来ないんです。
この動きを是非、皆さん憶えといて下さい。

そしてこの動きを出来るようなスイングをしてみて下さい。
たぶん右手で打たないと出来ないと思います。

左手で引張るだけだと、後ろへしなったまま打ってしまうので
ほとんどの方が、ボールをスライスさせてしまうのは、これが原因なんです。

必ず、しなり戻りを右手で作って下さい。
是非、その感覚を憶えてゴルフをやってみて下さい。

たぶん、驚くほどボールが飛んでしまうと思います。
では実際に、しなり戻りをインパクトの直前にさせる様に打ってみたいと思います。

今、ちょっと極端に
インパクトの直前で左サイドを止めました。

手も止めました。
ボールは勢いよく飛んでます。

軽いドローボールがかかってます。
ここでしなり戻り、インパクトの直前にしなり戻りを使う事。

これがゴルフのスイングで一番大切な事です。
後ろへしならせただけでは、ボールは飛ばない。

ボールは真直ぐ行かないという事を憶えといて下さい。
是非、この感覚で練習してみて下さい。