ボールを曲げて打つメリット

こんにちわ。
右手のゴルフの片山晃です。
今日は皆さんに曲げて、ボールを曲げて狙っていく。
ボールをストレートに飛ばそうとされる方が凄く多いんですね。

100を切るか切らないか、100切りを目指してる人なんかでも
レッスンに来られた方が、ストレートなボールを凄く打とうとしてます。

少しでも私から見て『あっきれいなドローボールだな』とかって思うぐらいの
曲がり方だの、曲がってしまっているって皆さん嫌がるんですね。

凄くストレートなボールを打とうとしてます。
ストレートなボールほど、不確定な物はないんです。

どちらか一方にだけ曲がるボールの方が、狙いを狭く出来るんですね。
例えば、フェアウェイの真ん中をめがけてストレートなボールを打って
最後に右か左かどっちに曲がるか分からない。

これでは左右ラフに外れるだけでなく、OBになる可能性もあります。
でも、私はドローボールなんです。

左にしか曲がらないんです。
そうすれば、フェアウェイの右端を狙って打って
もしもストレートに飛んでもフェアウェイの右端。

私が思ってるぐらいの30ヤードぐらいの
ドローボールが打てればフェアウェイの真ん中。

仮にもっと大きなドローボール、60ヤード曲がる様な
ドローボールが打ててもフェアウェイの左サイドという風に
凄く狙いを絞っていけるんですね。

ですから、どちらかに曲がるボールを皆さんも身に付けて下さい。
練習場で曲げるボールの練習をいっぱいして下さい。

そして、どっちが自分にとって曲がりやすいか。
それを自分で体感してみて下さい。

どちらかに曲がるボールを身に付けた方が、スコアアップに役立ちます。
ちなみに私はドローボールしか打ちません。

それでパープレーぐらいできちゃいます。
是非、どちらかに曲がるボールを皆さん身に付けて下さい。

では、その感じでドローボールを打つ私の感じで打ってみたいと思います。
きれいな10ヤードぐらい曲がるドローボールでした。

私としては、少し曲がり幅が狭く感じました。
もっと曲がっても構わないと思ってます。

皆さんも、どんどん曲がるボール打ってみて下さい。