ゴルフのスイングで手は横振りではなく縦振り

今回は、アマチュアのアベレージクラスの方、
上級者の方でもときどき見かけるんですが。

ダウンスイングで、右サイドの動き、上半身の動き、
この辺の動きがかなり間違っている方が多いんです。






それはなぜか。

やはりダウンスイングはタメて下すっていうことをレッスンプロも上級者の方も必ずいうんですが、
これをやってしまうと今のクラブではボールが飛ばないばかりか、
大きなミスショットが出てしまうんです。
そこが問題なんです。

飛球線後方から今見ていただいて、皆さんがやっているのは、
まずタメたまま手が下へ降りないで、そのまま前へ出る。

そこから左サイドへ引っ張るので、ヘッド軌道がアウトサイドインになるんです。

そこでフェイスローテーションしてるから上手い人はそのまま真っすぐですし、
フェイスローテーションができないでそのまま打つ方は大きなスライスボールになってしまう。

どうしても自分の体から離れたところにボールがありますから、まず寄っていきたくなるんです。
寄ってから下したくなる。

これが間違いの元なんです。
じゃあどうするか。

上にあげたクラブを自分の体の側面に早く下してしまう。
手の動きで言うと前に出るのではなくて、後ろへ一回落とすんです。
こうではなくて、後ろへ落とす。
前に行くのではなくて後ろへ落とす。
後ろへ落とすんです。

この動きをやると、胸が開かないで、インパクトできます。
なおかつフェイスローテーションも行われます。

ですから何の力を入れなくてもクラブヘッドのスピード、
クラブシャフトのしなり戻りで綺麗なドローボールが打てるはずです。

ぜひ皆さんもそこに注意しながら、まずダウンスイングの最初の段階では後ろにクラブを投げてしまう。
そのことに注意しながら、一度スイングの練習してみてください。

これはドライバーでもアイアンでも全て同じです。
ぜひ試してみてください。