ダウンスイングで右肩が出てしまう理由

今回は、右肩が出てしまう。
よくダウンスイングで右肩が前に出る方多いんです。
右肩が出てる、それは左肩は引けている状態。
この状態で打つ方がすごく多いんです。





皆さんご自分の球でいい球出てる、芯に当たってるんだけども、
どうも自分の狙ったところよりも左にボールが飛び出していく。

そこから右か左に大きく曲がるわけではなく、
芯に当たっていい球なんだけれども、左に出ていく。

こういう方は必ず右肩が出ています。
つまり左肩は後ろに引けた状態。

左サイドを動かそうとすると。
その状態になりやすいです。

なおかつ、右のひじを体につけながら、
タメた状態で回転させようとするとその状態になりやすいんです。

ですから右肩は後ろへ置いたまま、右肩を落とさないように
大きく振ってやれば胸は開きません。
つまり左サイドは動かないので、自分の狙った方向にボールが出やすいです。

なおかつフェイスローテーションも必ず行われますので、
ボールがストレート、または軽いドローボールに飛んで行くはずです。

ぜひ皆さん、右肩をダウンスイングで動かさないように。
また右肩を落としたり、前に出ないように。

注意しながら右手を使ってスイングしてみてください。
必ずナイスショットが出るはずです。