ドライバーだけスライスしてしまう理由とは?

今回は、皆さんが右手のゴルフをやってスライスが直りました。
飛距離も出るようになりました。
スコアも良くなりました。
でもただ一つ、まだドライバーがスライスしてしまうんです。
ミスショットというとドライバーのスライスなんですっていう方結構いらっしゃるんです。






今、ここに7番アイアンとドライバーがあります。
見てください。
結構、長さの差があります。

30㎝弱25㎝ぐらいですかね。
ドライバーと7番アイアンだとそれだけ長さの差があります。

それを同じようなタイミングで、フェイスローテーションを行っても、
たぶんドライバーでは間に合わないんですね。

短いクラブならフェイスをスクエアに戻すのはかなり短時間で済みます。
そして短いですからアップライトに振るので、上げて下すだけで、
手はちゃんとスクエアに戻りやすいんですが、ドライバーは長いうえに、
地面にあるボールを打つわけではなく、ティーアップしている、
空中にあるボールを打つんですから、普通に地面にあるよりももっと横に振らなければいけません。

横に振るときに、少しでも右手がたたまれて、
右ひじが下に向けばフェイスはさらにオープンになってしまうんですね。

スライスは100パーセントフェイスがオープンになれば出てしまいます。
ですから、早く、もうダウンスイングの初期の段階で、
フェイスを閉じてしまうぐらいなつもりでないとダウンスイングをして
ストレートなボールをドライバーで打つことはできません。

少しでもタメようとか、少し左サイド動かそうとか、そういうことは一切必要ありません。

ダウンスイングでやることはフェイスを閉じることだけです。
そこに注意して、早くダウンスイングで、早い段階で右手を使い切ってください。

そうするとストレートから軽いドローボールになるはずです。
7番アイアンをちゃんと打てている方だったら
ドライバーのスライスを直すのは早くできるはずです。

もう7番アイアンがストレートに打てているのであれば、
ドライバーをストレートに、またドローボールを打つのはそんなに苦労しなくてもできるはずです。

ぜひ皆さんもダウンスイングですぐフェイスローテーションを行って、
インパクト前にフェイスローテーションを終わってしまうような感覚で練習してみてください。
必ずスライスは無くなるはずです。