切り返し以降グリップエンドはどこを向く?

今回は、フルショットした時の、トップからの切り返しですね。
トップからインパクトまで。
トップ以降のグリップエンドの方向についてっていうのを皆さんからよく質問されます。





従来のスイングですと、グリップエンドがずっと地面を挿しながら、
ずっと我慢して下してきて、最後に開放、
っていうふうに教わってきたと思いますが、
右手のゴルフ、私が皆さんにお教えしているのでは、そんな苦しいやり方。
体が我慢しなきゃいけないやり方をしなくても簡単にボールが飛びます。

これが一番、私の、右手のゴルフの要になると思います。
ダウンスイングからのグリップエンドの方向ですね。
これを説明しながら、実際にどういう向きに向くかっていうのをご説明したいと思います。

まずトップまで行きます。
当然グリップエンドは目標の真後ろを向いています。
そこから最初は地面に向きますが、地面に向いている時間というのはもうほんの一瞬です。
そこからグリップエンドは目標方向に早めに動きます。

地面向くのはもう一瞬です。

すぐ目標方向に向いて、ここからが大切です。
ここからグリップエンドは自分の右太ももの方向へ向いていきます。
手が前に出ていきません。

早めに目標の方向にグリップエンドを向けたら、
そのまま自分の右太ももの方向を指すようにクラブが下りてきます。
そして打ち終わって、クラブが抜けたときには、
グリップエンドは目標の真後ろを向きます。
ですから、ドライバーで軽く打って、ハーフショットぐらいで
ポーンと打ってみて、だいたい地面とクラブが平行になったところで
ポンと止めてみると、グリップエンドは真後ろを向いていれば、
そしてボールがストレートからドローボールが出ていれば、
右手のゴルフのスイングができていると思ってください。
その際、体を動かしたらこの動きはできません。

一切、左サイドを動かさないように。
このグリップエンドの動きだけを気をつけてやってみてください。
たぶん、ボールもそこそこ飛んでしまうはずです。
ぜひ試してみてください。