スイング中の左肩の開きを抑えて飛距離アップ

こんにちは、右手のゴルフの片山晃です。

今回は、ボールを遠くに飛ばすためにはどうやったらいいか。



一番早いのは、左肩が開かなければいいんです。

左肩が開かないと、胸が後ろを向いた状態で
強いインパクトができるので、ボールが遠くに飛んで行きます。

自分の体でスイングを早くしようとしなくても、
クラブのしなり戻りを使って、十分にボールが飛んで行きます。

そのためには、左サイドを止めたまま打つにはどうするか。

打ったあと、クラブヘッドがインサイドに入るとか、
ボールのあとを真っすぐ追いかけるというと、
必ず左ひじが引けて、左肩を回してしまわないと打てないんですね。
これでは強いボール打てないんです。

左肩を閉じたまま、このまま打ったら
クラブヘッドはアウトサイドに出て行きいます。

アウトサイドに出ながら、ひじと手首は
自分の体の曲がる方向に軽く曲げればいいんです。

いつまでも左手を伸ばそうとすると、
左肩は引けてしまいますし、開いてしまいます。

打ち終わったら、手首・ひじは簡単に曲げてしまえばいいんです。
そうすると、胸が後ろを向いた、左肩の開かない、いいスイングができます。

また、強くボールを打てていきます。

では、実際にその形を意識しながら打ってみたいと思います。

胸が後ろを向いた強いボール、強いドローボールが打ててきます。
皆さんも試してみてください。