インパクトゾーンでのクラブヘッドの動きが分かりますか?

こんにちは、右手のゴルフの片山晃です。

今回は、インパクトゾーンでのヘッド軌道について
ご説明したいと思います。



よく雑誌やレッスン書のイラストで、
アイアンはダウンブローで、かなり上から――ボールがあって、
ヘッドが上からあって、こう矢印が上から下に向かって「こうですよ」。

逆にドライバーの場合は、ティーアップして打って、
ヘッドが下にあって「こうですよ」ってやってしまうので、

アイアンは上からドスン。
ドライバーは下からアッパーに打ってしまいがちなんですね。

これをやると、実はいい結果出ないんです。

どちらも、ほとんどボールに対してシャローに、
真横から来る感じなんです。

ですから、アイアンの場合なんですが、
地面にボールがあって、多少上から来ますけど、
皆さんが思っているほど真上から来るものではないんですね。

ボールの手前30センチぐらいから急激に上から落ちてくるものではなくて、
シャローに、緩やかな入射角で入っていきます。

ドライバーに関してもそうなんです。

いきなりこう、かなり下のほうからアッパーに、
10センチ下から打つことなんてないですからね。

10センチのティーを、皆さん使っているわけではないと思います。
3センチから4センチぐらいの高さのティーなので、考えてみると、
ボール半分ぐらいしか上から出ないんです。

そうすると、そんなにアッパーブローで打つわけがないんです。
そして、こういうアッパーブローではないんです。

シャフトが前に、逆にしなって、
ヘッドが真っすぐに動くので、逆に真っすぐ当たる感じなんです。

こういう上に向く動きではないということです。
そのまま、真っすぐ当たる感じです。

これで、若干アッパーブローの軌道になります。

ですから、
「アイアンは上からダウンブロー」
「ドライバーは下からアッパーブロー」

ではなくて、すべてサイドから緩やかにサイドブローで
入れてくる感じで、ゴルフのスイングをしてみてください。

では、実際にドライバーでボールを打ってみます。
こういうアッパーブローで打つ感じはないです。

逆にそのまま、緩やかな入射角で、ボールの手前15センチぐらいの
地面にあるボールを打つつもりで打つと、そのまま低く長いフォロースルーが取れていきます。

では、打ってみたいと思います。

ああやって打つと、いわゆる一番飛ぶと言われている、
トウ寄りの高い位置でボールがとらえられるので、
スピンの少ない高弾道のボールが打てていきます。

決してアッパーブローでは、ああいういい球は打てません。
サイドブロー、これを意識しながらゴルフをやってみてください。