スイングでシャフトを立てるとは?

こんにちは、右手のゴルフの片山晃です。

今回は、ダウンスイングで、よく「シャフトを立てて下ろせ」
私も、ある程度その意見には賛成なんです。



ただ、皆さんが勘違いしているのは、
シャフトを立てると言うと、ダウンスイングで
地面と垂直に立てなければいけないというふうに思いがちだし、
このまま打とうとするんです。

そうすると、どうなるか。

必ず右肩を前に出しながら、
アウトサイドから入れてくるんです。

それも、正面から見ていただいて分かるとおり、
急激に上から打つので、短くて深いターフを取ってしまうんです。
一番危険なことですね。

シャフトを横にしながら打つ、これはだめですが、
また、立てすぎても実はだめなんですね。

スイングプレーン上に下りてこなければいけないので、
斜め後ろを指すぐらいの感じで、下りてこなければいけないんです。

こういうふうに下ろすためには、どうしたらいいか。
これ、コツがあるんです。

左サイドで引っ張ったり左手でリードしたら、
そんな角度でなかなか下りないんですが、右手を意識して、
地面にあるボールを打てと言ったら、必ずその形になります。

まず真横に寝ることはないですし、
垂直にクラブヘッドを立てることもないんです。

斜め後ろ、いわゆるスイングプレーン上に、
右手で打とうとしたら上げるはずなんです。

これがクラブを立てた状態です。
決して地面と垂直に立つんじゃありません。

また、地面と平行になる、寝る。
これは論外です。

つまり、斜め45度ぐらいに行く角度。

そうすると、自然に右手を使えば
地面にあるボールをスクエアにヒットすることができます。

そのことに注意しながら、右手に感覚を持ってスイングしてみてください。
必ずクラブは、いい角度で立ってくるはずです。