スイングアークに関する危険な勘違い

こんにちは、右手のゴルフの片山晃です。

今回は、スイングアークについて。
スイングアークは、大きいほうがボールが飛ぶと言われています。
その意見、僕も賛成です。



ただし、ほとんどの場合、「スイングアークを大きく」
と言うと、ボールを打ったあとなんですね。

「フォロースルーでスイングアークを大きくしましょう」

よく聞きます。
「打ったあと、ヘッドを低く・長く、大きく出していきましょう」

そんなことをして、飛ぶと思います?

私は、スイングアークを大きくするのは
トップからインパクトまでのスイングアーク、
いわゆるヘッド軌道を大きく動かすと、
ヘッドに遠心力がかかって簡単にボールが飛ぶんです。

打ったあとフォロースルーやフィニッシュは、
正しいインパクトをしたらある程度大きくはなるんですが、
そこはあまり気にせず、大きく意図的にする必要はありません。

打ったあとは、自分のインパクトの勢いと角度に任せて、
そのままフォロースルーとフィニッシュに行ってしまえばいいんです。
行ってしまうものが、正しいフォロースルーとフィニッシュなんです。

あえてインパクト以後のフォロースルーやフィニッシュを
意図的に作っても、ボールが飛ぶわけがありません。

そこだけ大きくしたって、飛ぶわけないんです。
そんなことをしていて飛んでいるアマチュアは見たことがないです。

逆にそれをやって飛ばなくなっている女性の方、すごく多いんです。

それよりも、トップからダウンで大きくヘッドを使うと
、びっくりするほどボールが飛びます。

スイングアークを大きくするのは、トップからインパクトまでです。
打ったあとのことは一切考えないでください。

そこに注意しながら、ドライバーの練習をしてみてください。
驚くほど飛ぶはずです。