左腰のスウェーを直せば飛距離が伸びる

こんにちは、右手のゴルフの片山晃です。

今日は、スウェーすると距離がロスする。
当たり前なんですけどね。



右から左に体重移動、それも大きすぎる体重移動。
体重移動は全くしないほうがいいんです。

考えてみてください。このヘッドを、こう、
今振れているヘッドを、早く向こうへ出すことが飛ばすことです。

そうすると、スウェーするということは、
この手元のグリップエンドが一緒に行っちゃうことです。

そうするとどうでしょう。
前に行こうとしているものに、
グリップまで追い付いていくと、ヘッドは止まるんです。

逆のことをやれば、ヘッドは走ります。

つまり、クラブヘッドが行く進行方向と逆にヘッドを動かすと、
いくらでもヘッドは強く大きく振れてくるんです。

つまり、体重を移動しないほうがボールは強くなるし、
飛距離も出てくるんです。

だから、自分の体をなるべく使わないほうがいいんです。

体重なんか移動しないほうがいい。
左サイドは動かさないほうがいいんです。

そのためには、ダウンスイングで一瞬
「がに股」になるように振ってみてください。

それだけでボールの勢いが変わるはずです。
ダウンスイングの一瞬、がに股で、ヘッドだけを前にやる感じ。

スウェーしていくことはやめてください。

では、実際に打ってみたいと思います。
かなり強いボールで行くはずです。

今まで体感したことがないくらいのスピードが、
インパクト前後に出るはずです。

ぜひ、皆さんも試してみてください。