ゴルフスイングにおける正しいリストターンとは?

こんにちは、右手のゴルフの片山晃です。

今日は、リストターンの方法。
フェイスローテーションをさせるために、
リストターンというのは必ず必要です。



ですが、多分皆さんが思っているリストターンと、
私が皆さんにお教えするリストターン、
やっていただくと全く別物になってしまうんですね。

皆さんの言うリストターンを今からやります。
フェイスをあまり開かないように、割とシャットに上げながら、
上げて、そのまま左手リードで、ここでリストターン。

いわゆる左手の甲を下に向けるようなリストターン。

これ、見ていただいて分かるとおり、
フェイスは地面を指しています。

こんな地面を指すようなリストターンをしたら、
ボールはダックフックしか出ません。

当たり前です。
これはリストターンじゃなくて、リストをこねているだけです。

正しいリストターンは、左手をストロングに持ったら、
シャットに上げるのではなくて、フェイスのトウが天井を向くように上げる。

左手の手首が左手の甲側に若干曲がる。
このトップの形からリストターンすると、
やはり左手の手首が甲側に曲がる。これがリストターンです。

つまり右手は、真っすぐ向こうにいる人と
握手をするようなリストターンの仕方です。

左手の甲を下にするということは、
右手の甲が上に向くということです。

これではフェイスは下を向きます。

私が皆さんにお教えしてるリストターンだと、
見ていただいて分かるとおり、先ほどのバックスイングで
フェイスのトウが天井を向いていた、それと全く同じ形にここでなります。

この右手の使い方なら、どんなに右手を使っても
ダックフックになることはありません。

ストレートか、ややドローボールが打てるはずです。
リストターンは、これが正しいリストターンです。

皆さんが考えている、左手の甲が地面を向くのは、
ただ手首をこねているだけです。

その違いをよく認識して、練習場でやってみてください。
多分ストレートなボールしか出なくなると思います。

それでどんどん、右手を使ってお打ちになってください。