テイクバックはアウトサイドに上げるのが正解

こんにちは、右手のゴルフの片山晃です。

今回は、皆さんのテイクバックの間違い、
これについてご説明したいと思います。



テイクバックなんですが、皆さん大体肩を回して・・・
っていうふうにテイクバックしていませんか。

そしてクラブヘッドを真っすぐインサイド。
肩の回る方向にヘッドを上げていく。

これをやるとどうなるか。
見ていただいて分かるとおり、かなり手の位置が低くなります。

肩を回そうとするがあまり、
そしてクラブヘッドをインサイドに引くがあまり、
かなり低い位置に手が上がるんです。

当然、スイングプレーンよりも。
もっとインサイドに手は上がっています。クラブヘッドは来ています。

ここからどうするか。
このまま打つ人はほとんどいません。

ほとんどの方がここからやることは、
アウトサイドへ持ってくるんです。

いわゆるカット軌道になるんです。
だから弱い球になるんです。スライスしか出ないんです。

本当のバックスイングは、アウトに高く上げるんです。
「こんなアウトに上げていいの?」
と思うぐらいアウトに、フェイスを開きながら持っていきます。

そうすると自然にインサイドに、
自分のスイングプレーン上にヘッドは下りてくるんです。

体を回すことよりも、ヘッドを
アウトサイドに上げてインサイドに落とすこと。
これがスイングで一番重要なことです。

皆さんも、肩を回してインサイドに引くバックスイング、
もういい加減おやめになってください。

ぜひ、アウトサイドに上げてインサイドに落とすスイングを、
ご自分で研究してみてください。