スイングの入射角を浅くするとアプローチが優しくなる

こんにちは、右手のゴルフの片山晃です。
今回は、グリーン周りのアプローチでよく失敗される方。


この方たちが何を考えながらボールを打っているかというと、
もうグリーンそばなので、何とかボールだけをクリーンに打とう、
ダウンブローに打とうと思って打っているんですね。

ですから、上からこう入射角を急激にして、
上からボールをつぶすように打って、なるべくボールをまず打って、
クリーンにボールだけを取ろう。

そのあとターフを取ってもいいんでしょうけれども、
まず最下点の前にボールを打とう。

こういうふうにされている方がザックリをやったり、
トップを打ってグリーンオーバーしたり、よくやられています。

これらはもう、上から叩きすぎなんですね。

見ていただいてわかるとおり、グリーン周りでウェッジを使う場合、
ウェッジって結構ソール幅あるんです。

アプローチウェッジでも、サンドウェッジでもそうなんですが、
ソール幅あるものを上から叩くよりも、手前からダフらせるように持ってくればいいんです。

そしてソールを滑らせてボールを打っていけばいいんです。

少しぐらいダフって打つ感じじゃないと、いつもいつも
クリーンになんてプロゴルファーだって打っていません。

ましてやラフがあったり、少しくぼんでいたりするところで
クリーンに打てるわけがないんですね。

それよりも10センチぐらい手前からで結構です。

ダフらせながらソールを滑らせるようにして打っていくと、
案外ミスなく自分の思った距離、大体出ていくはずなんです。

そこに注意して、必ず上からコツンと打つのではなくて、
手前から滑らせるように、ソールで地面を掃くように打ってみてください。

こういう感じですね。

簡単にフェイスの上にボール乗っかって、自分の思った距離出ます。

ぜひ、上からコツンと打つのではなくてダフらせるように。
シャローな入射角で打っていってください。