ゴルフスイングで手元が浮くクセを直す方

こんにちは、右手のゴルフの片山晃です。
今回は、アドレスとインパクトで手の高さが変わる方が多いんですね。


特にアドレスよりもインパクトのとき、
手の位置が高い、手が浮いてしまうという方が結構いらっしゃるんですね。

これの直し方、また、これはどうしてなるのか。
これについてご説明したいと思います。

左サイドを主体にスイングしてきて、左手で振ってくると、
ほとんどの方がアドレスした位置よりも高い位置、
そして自分の体から離れたところへグリップが戻りやすいんですね。

こうなると、ちゃんとしたインパクト、できるわけがありません。

これの直し方は簡単です。

普通にトップまで持っていったら、ダウンスイングで
左手の上に常に右手を上からつけて、右手で振ってやると
簡単に直ってしまいますし、インパクトの手の位置が
アドレスの位置まで戻しやすいんですね。

右手でしっかりスイングすること、そしてためようなんて思わないことです。

早くヘッドをリリースして、左手の上に右手をつけるように振ってみてください。

そういう振り方が一番正しい振り方です。
絶対に左手リードで、左サイドでクラブを
引っ張り下ろそうなんて、間違ってもしないようにしてください。

左サイドを動かさない、左サイドを止めて、
右手の手打ちをするのが一番いいスイングになる近道です。

ぜひ試してみてください。