スイング中のインパクトのイメージが間違っている

こんにちは、右手のゴルフの片山晃です。

今回は、皆さんがよく練習場でボールを打つ前に、
イメージを作る練習をされているのをよく見かけます。


どういうふうにするかというと、
インパクトのときに、こう真っすぐにフェイスを
、当然ボールに真っすぐに、こういうインパクトのイメージを持ってスイングする。

そうすると、ほとんどの方がボールが右へ飛び出して、
そこからスライスしているんです。

まず真っすぐに打っている方は珍しいです。

じゃあどういうイメージを持てば、この正しいインパクトになるか。

イメージ的には、手が右の太ももの前あたりで止まって、
ヘッドがボールに当たる。

それもヘッドのトウでボールを打つぐらいなイメージ。
このイメージを持っていると、実際にはスクエアにインパクトできるんです。

そのぐらい皆さん、振り遅れているんです。

ゴルフのクラブというのは、シャフトという軽くてしなるものを使っています。

これがしなっているために、手がボールのところに来ても、
まだクラブヘッドは後ろなんですね。ま

だインパクトまで来ていないんです。

それを早く逆に戻らせるためには、イメージ的には
このぐらいなイメージを持たないとスクエアにならないんです。

このイメージで振って、ちょうど実際のインパクトなんです。

実際に今、そういうイメージで私が打ってみますので、一度、こうですね。
こういうイメージで打ってみます。

軽いドローボールになりました。
こういうイメージで振っていかないと、左腰を切って
しっかりハンドファーストなイメージを持っていると、
ほとんどボールが右へ行ってしまいます。

ぜひこの感じで、スライスを打ったり
右へボールが行ってしまう方は、このイメージでボールを打ってみてください。

驚くほどびっくりする飛距離が出るはずです。
そして軽いドローボールになってくるはずです。ぜひ試してみてください。