ハンドダウンして腕とシャフトに角度をつける理由

こんにちは、右手のゴルフの片山晃です。

今回は、アドレスしたとき、よくアドレスしたときに私は
「左腕とシャフトに角度をつけてください。
左腕とシャフトが一直線になってしまうとボールは上がりません」と言っています。


また、左腕とシャフトが一直線になると、コックは入れづらいんですね。
コックを入れるためにも、ある程度角度がないといけません。

左腕とシャフトに角度。
そうですね、左の手首のところに角度がつくようにしておくとコックが容易に入ります。

左手の親指の方向にクラブを上げるだけで、簡単にコックが完成します。
このまま手を上げていけば、トップオブスイングまで行ってしまうんですね。

そして、この角度を意識しながら振ってやることで、
フェイスがスクエアなフェイスローテーションを行えるんです。

もし、左手とシャフトに角度がなければ、フェイスはローリングします。

それも、かなり急激にローリングしてしまうので、
低いフックボールしか打てないんですね。

角度をつけることによって正確なフェイスローテーションが行えます。

そしてボールがロフトどおりに上がってくれます。

ぜひ左腕とシャフトに角度をつける。
全部のクラブ、必ず角度がつかないとだめです。

そこを注意しながらアドレスして、ボールを打ってみてください。
ロフトどおりのきれいなボールが打てるはずです。