アドレスで左足のつま先を閉じて構えるとスライスが治る?

こんにちは、右手のゴルフの片山晃です。

今回は、よくレッスンを受け始めに来た方に見受けられること、
それから練習場で打っている方、スライスしている方、
ほとんどなんですけれども、大体胸が開いたインパクトをしているんですね。

早く左サイドを動かさなきゃいけない。
そういう方に限ってスライスが多いのと、全く飛んでいないんです。


スライスが出れば飛ぶわけがないんですけれども、
ご自分の力以上に弱々しい球しか打っていないんです。

私が考えている右手のゴルフでは、
胸はなるべく閉じた状態でインパクトしたほうがいい。

このほうが球は強くなるし、
ボールの出て行く方向も安定するし、
当然ボールも強くなるんですね。

そのためにどうするか。

よく左足のつま先を、割と大きく開いている方がいるんです。
左足に体重を乗せて、こういう大きなフォロースルーを
取れっていうふうに言われていたり、何かそういうのを
雑誌やテレビで見たりして、左足のつま先、
ものすごく開いている方がいらっしゃるんですね。

もう、これでスライスはするのは当たり前なんです。

そういう方には、つま先を真っすぐ、
ないしは少し内側に絞ったような形で打っていくと、
それでダウンスイングしてきて、左サイドを開こうと思っても開けませんから、
当然ヘッドを先に動かすしかなくなってしまうんですね。

そうすると、自然とボールは真っすぐ行くはずです。
皆さん左サイドが動くから、いつまでもフェイスが開いた状態で当たるので、
なるべく早く体と手でグリップを止めて、ヘッドを先行させること、
これがスイングで一番大切なことです。

ですから、そういう方には左足のつま先を閉じること。

開くのではなくて、閉じること。逆に右足は少し開いても構いません。
そのほうがバックスイング大きく上がるので。

この形でスイングの練習してみてください。
多分、ボールは飛ぶようになるし、スライスすることはまずなくなると思います。
ぜひ試してみてください。