左一軸?体重移動?1軸スイングか2軸スイングか?

こんにちは、右手のゴルフの片山晃です。

今回は、1軸スイングと、2軸のスイング。
この違いと、メリット・デメリットについてご説明したいと思います。


まず、よく言われている2軸のスイングですね。
これは大体真ん中で構えておいて、そのあと右に乗っていきます。

右に乗ったものは、今度は左へ移っていくんですね。
左足のほうへ体重移動しながらボールを打っていく。

確かに、このスイングのメリットとしては強い球が出る。
確かに多少飛ぶかもしれません。

ただ、同じ体の動きの再現性はすごく低いと思います。

特に左サイドを意識して体重移動してしまうと、
これは再現性がものすごく低くなります。

ドライバーでも当たったり当たらなかったり、
右や左に曲がること、アイアンだと
体重移動してしまうことによって打点がずれますから、
なかなかグリーンをヒットできない、距離も方向もばらばらになりやすい。

つまり2軸スイングというのは、私は、
ある程度筋力と体力のある人。

また、練習を頻繁に行える人ならばいいと思いますが、
体力・筋力が衰えてきて、なおかつそんなに頻繁に練習のできない、
コースヘ行けない方は、私はお勧めできません。

なぜか。
1軸スイングのほうが、実はクラブの性能、
今のクラブとボールの性能を100パーセント使えるんですね。

自分が動かないでクラブだけに仕事をさせるには、
なるべく軸、中心軸は動かないほうがいいんです。

そのためには、体重移動するよりも体重を、
自分の重心を左股関節に決めておいて、
ここで振ってしまうのが一番いいと思います。

ただし、ドライバーの場合は一番フラットに振れてしまうクラブです。

ですから左の股関節から右の股関節ぐらいまで、
若干体重は動いてしまいます。

自分で意識的に動かすのではなくて、動いてしまいます。
それは一番フラットに振るクラブだからです。

フェアウェイウッドからウェッジまでは、そこまで動きません。
もう左の股関節の上で動いていれば結構です。

つまりアップライトになればなるほど、
軸は横に動くことはないんですね。

一番フラットに振ってしまうドライバーのみ、
若干体重は動いてしまうんです。

自分で意識的に動かすのではなくて、
若干動いてしまうということです。

でも自分で意識するのは左の股関節の1軸、
そこだけで十分に動かしてください。

これで、いつも同じ所に当たりますし、
フェイスの開閉も、大体同じ感じで当たるはずです。

ということは、自分の思った距離と方向に行きやすいのと、
ドライバで一番重要なミート率ですね。

ヘッドスピードを上げるよりも、
ミート率を上げたほうが飛距離は出るんです。

つまり、いくらヘッドスピードが1メーター、2メーター上がるよりも、
ミート率を上げていったほうがボールは飛びます。

そして、自分のボールの一番飛ぶポイント、
いわゆるドライバーだとスイートスポットよりも
少し上のトウ側と言われています。そこで打ちやすくなります。

つまり1軸スイングは、デメリットとしては、
ほとんど私は見当たらないんです。

メリットとしては、同じスイングの再現性が高い、
体力・筋力が落ちてきてもボールを飛ばせる、
自分の持っているクラブの性能を100パーセント、
120パーセント引き出せる。

これが1軸スイングのメリットです。

2軸スイングのメリットは、確かに少し
ヘッドスピードが速くなるかもしれません。

私はあまりそうは思わないんですが、
そうだと言う方も結構いらっしゃいます。

ただし、同じインパクトの再現性が低いこと、
そして体力・筋力、そして練習場の頻度、これが必要だということ。

どちらかというと、私は1軸スイングのメリットのほうが大きいと思います。

皆さんも両方、ご自分で試しながら、自分に合うものを見つけてみてください。