ゴルフの非常識!オープンスタンスの落とし穴

こんにちは、右手のゴルフの片山晃です。

今回は、皆さんがよくやっている
オープンスタンスですね。

例えばフルショットでも、特にアプローチなんかですと、
結構何のためらいもなく皆さんオープンスタンスをされるんですね。



私は右手のゴルフではオープンスタンス大反対です。
皆さんに全くお勧めしていません。

スクエアないしクロードスタンスが
右手のゴルフでは最適だと思っています。

何でオープンスタンスがいけないか。
オープンスタンスにすると、左サイドが動きやすくなるんですね。

そしてオープンスタンスで肩をスクエアとかクローズドにしている方、
誰もいないんです。アマチュアの方。

プロゴルファーでオープンスタンスにしているプロは、
みんな肩はスクエアになっています。

肩をスクエアで左足を引くって、ものすごく違和感ないですか。

これから向こうへ飛球線、自分の目標方向に強い球を打ちたいと
思うときに、肩を真っすぐで左足を引いて、何か強く打てますか。

右足を後ろに引いて、そして目標方向に強く打とうとすると、
これは右手、右サイド、すごく自然に使えませんか。

弱々しく見えませんか。それは左サイドが動くからです。
これよりもこっちのほうがしっかりヘッドを動かすことができるんです。
特に一般のアマチュアの方は。

ですから、私はドライバーからバンカーショットまで、
パターもクロードスタンスのほうがいいと思っています。

そのほうが強くボールを押していけるフェイスローテーションを
しやすいんです。

オープンスタンスだと肩は必ず皆さん、
アマチュアの皆さんはオープンになっています。

間違いなくオープンになっています。
この状態からボールを打とうとすると左サイドが動くので、
よくてスライス、最悪はシャンクです。

フェイスを返しづらいんです。
仮にフェイスを返したら今度はダックフックです。

そのぐらい右サイドにスペースがないんです、オープンスタンスは。

そしてアドレスして、この位置に手が返ってこなければいけないんですね。
でもオープンスタンスに取っていると、この位置に戻しづらいんです。

なぜかというと右のひざがダウンスイングで必ず前に出ます。
そうすると、手はアドレスした位置よりも体から離れたところに
戻ってくるのでシャンクが出てしまうんです。

よく皆さんにわざとシャンク打ってくださいって言うときは、
僕はオープンスタンス取ります。

この状況で打つと、とんでもないシャンク出ます。
では1回打ってみます。

シャンクするか、右に強烈にスライスが出るかどっちかです。

じゃあ打ってみます。

今のはかなりうまく打ったほうです。でもダフってスライスです。
これでわかるとおりオープンスタンス、何も利点がないんです。

ぜひクローズドスタンスで右手を使ってゴルフをやってみてください。
本当に簡単になります。