ゴルフスイングにおける右手と左手の役割の違い

今回は右手と左手の役割の分担というか、右手と左手の使い方の違い、どういう違いがあるか、どういう役割があるかということをご説明したいと思います。

まず、アドレスを簡単に今ご説明します。



左腕をまず決めてきます。

左腕は胸の上から降ろしてきて、胸の前、もうこれ以上自分の手が内側に入らないというところまでおろしてきて、そこで左手のグリップを決めます。

そして右手は体の横からもってきて、右手をグリップします。
左肩は前にもってきて右肩は横からですね。

肩は若干内側に湾曲する形になります。
この形にすることによって左の肩甲骨ですね、ここも十分動きやすくなりますし、右の肩甲骨も右サイド、すべて使いやすいアドレスになります。

胸を張って、両腕が体の側面に来るようなアドレスをしてしまうと肩甲骨を占めてしまうことになりますし、肩が開いてしまうので、これはもう力が全て出ません。

肩というのは前に持ってきます。
そして、アドレスして両手を持った瞬間、ここで左サイドの意識はすべて捨ててください。

あとは右サイドだけでスイングしていきます。
ということは左手というのは、アドレスをして、ボールと自分の体の距離、これをちゃんと測るために必要なのが左手です。

左手はここまでが役目です。
ここからあとは右サイド、右手だけですべてテイクバックからトップ、そしてインパクト。

フォロースルーに至ってはまったく左手を意識しない方がいいです。
左手をちょっとでも意識すると、肘が浮いたり、脇が空いたり、肘が引けてしまったり、ゴルフでいちばんやっちゃいけない動きですね。

フェースをスクエアに戻しきれない悪い癖が出てきますので、左手というのはアドレスしてボールと自分の距離をちゃんと測るための役割です。

そして右手はスイングをすべて行うのが役割です。

あとは左手の役割として、例えば、テイクバックしたときに左手の甲側へ手首が曲がっているかどうかというチェックですね。
こういうチェックをする時に左手。

左手はスイングの色んな所でチェックができます。
それが左手の役割。

右手はずっと動き続けてスイングをすることが役割です。
そして右手、特に右手の親指と人差し指、この2本がフェースをローテーションさせるために必要な所です。

これが右手のゴルフでの左手と右手の役割です。

かなり大きな違いがありますので、そこを意識しておやりになるとまた右手のゴルフのスイングがより理解できると思います。

皆さんもそこを理解していただいてスイングしてみてください。