風が強い時の打ち方と考え方

今日は風が強い時の打ち方、考え方についてご説明したいと思います。

皆さん強いアゲインスト、真正面から来ているアゲインスト来ているときにドライバーショットを打つときはどうやってますか?

たぶんこういう方が多いんじゃないですか。

ティーアップを低くしてボールを潰して打って、風の下をくぐらせる。
ティーアップを低くしてボールを潰して風の中を低い球で打っていく。

実は今のクラブとボールでそれをやるとボールは飛ばないんです。
じゃあどうするか。



風の中ではいつもよりちょっと高いティーアップをしてフェースの上の方でボールを打っていく。
なぜ、それがアゲインストの中で有効かということをご説明したいと思います。

今ここにドライバー断面図ですね、横から見てます。
これがフェースです。

シャフトがついて、この方向へ打っていきます。
このバッテンをしているところがクラブのスイートスポット、芯ですね。

低いティーアップでボールを打つということはこのスイートスポットよりも下で打つ可能性が高い。
下で打とうとしているわけですね。

フェースを立てて、ボールをスイートスポットよりも下で打ってしまうとどういうふうになるかというと、クラブにはギア効果というのがあります。

つまり、ボールはスイートスポットよりも下で当たった場合、フェースは上に倒れます。
上に倒れるということはボールは低く出ます。

上に倒れたフェースにボールはギア効果でぐっと低く出るんですが、ここで起こるバックスピンがかかって上昇していくんですが、このバックスピン量がスイートスポットよりも下で当たると増えるんですね。

当然、ギア効果ですごくバックスピンの量が増えるわけです。
そうすると最初の出玉は低いかもしれませんけども、アゲインストの風の中で低くバックスピンの多いボールを打つと、最後、スピードが弱まった時にボールがホップしていきます。

急激にホップしたボールは風の影響を受けて戻ってきたりその場でぽとっと落ちてしまうので、実はティーアップを低くしてボールを潰して打つという打ち方はボールを飛ばなく打っているんです。

またバックスピンが多いということはサイドスピンもかかりやすいということなのでちょっとした再度スピンでもボールは大きく曲がってしまうということなんですね。

なるべく風の中ではバックスピンの量を少なくしてやる方がいいんです。
そのためにはどうするか。

実はこのスイートスポットよりも上の部分で打てばクラブフェースはやはりギア効果で今度はフェースが上に向いて当たります。

上に向かって当たってボールにはオーバースピンがかかるようになります。

つまり、出玉は高いんですが、バックスピンが少ないので大きな放物線を描きます。

バックスピンが少ない大きな放物線を描いたボールは、風に影響されることが少なく、最頂点から真下に落ちるのではなくて、そこからもう一度放物線を描いてボールが飛んでいきますので、当然ランもある程度期待ができるということですね。

バックスピンが少なくなれば、サイドスピンも当然少ないので、ボールの曲りも少ないですし、風にも影響されない。

つまり、アゲインストの時は高いティーアップでフェースの上の方で打つのがベストだと思います。
というかベストとされています。

ですので、アゲインストの時に風が強いからと言って低いティーアップで低くお打ちになるということはかなり自分のゴルフを損していることになります。

普通よりもやや高いティーでフェースの上の部分で、スピンの少ない球をお打ちになるのが有効ですので、これを覚えておいて、特別な打ち方をしないで打っていってください。