芝が薄い所からサンドウエッジでアプローチする時の打ち方

こんにちは、右手のゴルフの片山晃です。
今日は芝の薄いライからのアプローチショットです。

ボールからピンまで何も障害物がない時は上げる必要がないので、最初から転がるパターですとか、フェアウェイウッド、ユーティリティでアプローチするのが一番いいと思います。


ただ、いつもボールからピンまで障害物がないわけではないので、今回はどうしても最初上げなければいけない、ボールからピンの間に何か、バンカーですとか池ですとか、あとは大きなグラスバンカーとかある場合、どうしても上げたいときにサンドウェッジでボールを上げていく、20ヤード以内のアプローチの打ち方をご説明したいと思います。


ボールのライですが、芝の間から薄ら下の土が見える程度。
かなり薄いです。

ここで一番注意しなければいけないのはザックリですね。
ダフって1ヤードか2ヤードしか飛ばない場合。

次に注意しなればいけないのがハーフトップを打ってグリーンをオーバーしてしまう場合ですね。
この二つを注意しながら打っていかなければいけません。

そのための打ち方をこれからご説明しながら実際に打ってみたいと思います。
では芝の薄いライからのサンドウェッジでのアプローチの打ち方をご説明したいと思います。

ボールのライですが芝の間から下の土がところどころ見えてるぐらい、かなり薄いです。
ここから約20ヤードのアプローチでだいたい10ヤードから15ヤードぐらいキャリーさせて、あとランさせる感じですね。

サンドウェッジを使います。
スタンスは7番アイアンの半分ぐらい。

そしてボールの位置は真ん中よりもやや右足よりですね。
そしてクラブは指2本分ぐらい短く持ちます。

そして軽くヒールが浮くぐらい、手をハンドアップ、少し立てた状態ですね。
左腕とシャフトに角度がつけばつくほどダフりやすいので、なるべくここでは左手とシャフトに角度がつかないようにアドレスします。

そしてフェースとボールの位置ですが、真ん中か、真ん中よりもややトウ寄りにボールをセットして、そのあたりで打つようにしてください。

なぜかというと、芯から外れますとボールは弱く打っていけます。
つまり少しぐらい強く入ってもトウで打てばボールは死んでくれますので、ハーフトップでグリーンをオーバーすることはありません。

また大きなスイングをしてもボールは飛ばないのでしっかり打てるということです。
真ん中か、真ん中よりもややトウ寄りにセットをしていきます。

手はハンドアップした状態。
そして正面から見たときにややハンドファーストですね。

この状態で真っすぐテイクバックして真っすぐ。
決してコックを使う打ち方ではありません。

コックを使うのは30ヤード以上の時に使います。
20ヤード以内だとコックを使わずに打っていきます。

では打ってみます。
そんなにボールは高く上がりませんが、スピンが効いてちゃんと止まってくれます。

今のように大きく上げるのではなくて、低く出てもちゃんとスピンないしは球の勢いで止まってくれるように打つ打ち方です。
皆さんもやってみてください。