自宅や室内で出来るゴルフの練習方法

こんにちは、右手のゴルフの片山晃です。
今日は皆さんに自宅、お部屋の中でできる何か練習方法、
ドリル、そういうものはないかっていう質問を受けていましたので、
それにお答えしたいと思います。

家の中でビュンビュンドライバーを振り回せるような
スペースのあるお家はなかなかないと思います。

できればサンドウェッジぐらいが振れればいいんですが、
それでも普通に立って振るとかなり天井の高いお家でないとできないかもしれません。





今日は2種類、椅子を使ったドリル、練習方法。
それはすべて右サイドの使い方、右手の使い方のドリルになりますので、
実際にボールを打つわけではないんですが、その動きをちゃんとできてると、
実際にボールを打つ時に、その動きの通りにおやりになればボールが真っ直ぐ飛んで行く。

また右サイドの使い方がすごく理解できる。
そのために左軸がすごく意識できるというドリルです。
では2つご説明したいと思います。

では1つめのドリルですね。

これはよく私がスイングの時、特にダウンスイングの時に
体の側面にクラブを下ろす、というのを言っているんですが、
なかなか普通にボールを打つ、練習場とかで実際にボールを打つ時に
なかなか体の側面に下ろせないんですね。

体の側面に下ろそうとしても、目の前にボールがありますから、
どうしてもそっちへ向かって行ってしまうので、右肩が先に出てしまうとか、
手を落としきらない間にいってしまうので、どうしてもフェイスが
早く返りやすかったり、逆にまたフェイスを開いて右肩を落としながら
打ってしまうといういろんな癖が出てきます。

それを矯正するためには、ボールを打たないで、
ただひたすらトップから体の側面に向かって手を落とすだけ。

そのために今、体の横に椅子を用意しました。
そしてサンドウェッジで結構です。

普通に構えてトップまで持っていきます。
そして体の側面に手を落とします。

クラブをちょうど椅子の真ん中、背の所に当たるように下します。

この動きを何度もやっているうちに、ボールを打つ時も体の側面に
まず落として、そしてインパクト出来るようになります。

そうすると手が自分の構えた高さまで下りてきますので、
シャローな角度でインパクトできます。

この動き大変重要ですので、ボールを打つよりもボールのないところで、
トップから一気に右肘と右の手首が伸びる感じですね。

ゆっくりで結構です。
そんなに強く打つ必要はありません。

力を抜きながらスッと下す。
必ず、そのときも左手の上に右手が来るように下してください。

決して右手が下に来るようにフェイスが開くような下し方はしないで。
体もまわっていきません。

体も後ろへ向いたまま下す。
この動きを何度もやってみてください。

きっと実際にボールを打つ時に効果を発揮すると思います。
皆さんもやってみてください。

次のドリルですね。

これは椅子に座ったまま、サンドウェッジで
スイングするというドリルですね。

これはフェイスのローテーションの動きをみるのと、
あとは両腕、特に手首と肘の動きを体感してもらうためのドリルです。

このドリルをやることによって、両肘、両手首が柔らかく使えます。
飛距離を伸ばしたり、ボールを真っすぐ飛ばすには体ではなくて、
両肘と両手首が柔らかく使えて、フェイスローテションを行えば
簡単にボールが飛んでしまいます。

つまり右手のゴルフ、私の理論では両手の肘と手首がどれだけ柔らかく
ちゃんと動くか、これが重要になってきます。

ですから力のない方や力が衰えてきたシニアの方でも
簡単にボールが飛んでしまうのはここをちゃんと使うからなんです。

腹筋を鍛えたり、背筋を鍛える必要はありません。

必要なのは肩甲骨まわりのストレッチと股関節の柔らかさ、
これだけで結構です。

では実際に座ったままでサンドウェッジの
素振りのやり方をご紹介したいと思います。

まず椅子に深く腰を掛けるのではなくて、
お尻が少しかかる程度ですね。

浅く腰掛けて、状態は真っ直ぐに伸ばします。
そして左脚は前の方に出して、右の脚は後ろの方に弾きます。

かなりクローズドなスタンスですね。
クラブは別に地面につける必要はありません。

地面から30センチぐらい浮かした状態。
そしてクラブはかなり短く持っていただいて結構です。

なぜかというとフェイスのローテーションを自分の目で確認するためです。

こういう状態で構えて、ここからフェイスを開きながら
左手の甲側にバックスイングして、こっからフェイスを返しながら
フェイスのローテーションを行いながら少しインサイドアウトに振る感じですね。

もう体動きませんから手でインサイドアウトに振る感じ。

ただし右手は開いて閉じます。
ですから左手の上にダウンスイングでは右手が来る感じです。

決してインパクトからフォローにかけて左手の甲を伸ばして、
下へローリングさせることはしないでください。

必ず左手の甲が甲側に折れていきます。
この動きが大切です。

打った後は左腕は肘が曲がって手首が甲側に折れます。

この形を必ず作るように右手で行ってください。
そうすると右手はしっかり伸びた形になります。

この素振りを軽く何度も何度も続けてください。
地面に浮かした状態で結構です。

これをやると両肘、両手首の使い方がわかりますので、
皆さんもどんどんお家の中で暖かいところで練習してみてください。