ショートパットのコツはヘッドアップ!それだけで入るようになる

今回は、1メートル以内のショートパットが
よく外れるという方がいらっしゃるんですね。

この方、例外なく何が原因か。ヘッドアップです。

できれば練習グリーンで、一緒にコースへ行ったお友達に
頭持っておいてもらってください。

アドレスして、まず素振りしますね。
素振りをして、そしてボールにアドレスした瞬間に
頭を押さえておいてもらいます。

そして打ち終わって、ボールが止まるまで
頭を押さえておいてもらってください。

どれくらいご自分がヘッドアップをしていたか、
すごくよくわかるはずです。

私は、フルショットのとき、ヘッドアップをしないように
と言ったことは1度もないんですが、グリーン周りの
アプローチとパッティングでヘッドアップをしないように、
これは皆さんに口を酸っぱくして言っています。

特にショートパットのときに頭が早い方、すごく多いんです。

何でいけないかというと、頭を上げると必ず右肩が前に出るんですね。
そうすると胸のラインは必ず左に向きます。
そのまま打てば左に引っかかります。

それが怖くて今度は、ヘッドは緩めて右に出すんですね。
この繰り返しを皆さん、ショートパットでするんです。

ショートパットこそ頭ぐっと押さえていただいて、
そのままストロークする練習、これが一番効果的です。

ぜひやってみてください。