雨の日のゴルフでの注意点 ハーフトップを打とう

今日は、雨の日のゴルフの注意点。

雨のときは、やはり下がぬかるんでたり水に塗れてたりするので
「しっかり打っていきましょう」とか
「小さいスイングで、しっかりインパクトしましょう」
とよく言われています。

レインウェアも着たりしてますので、しっかり打っていきましょうって
言うんですが、雨の場合、しっかり打つことよりも
ハーフトップで打ったほうが私はいいと思うんですね。

なぜか。本当のトップはゴロになります。
それはどんなときでもそうなんですけれども、
ハーフトップというのはスイートスポットよりも下で当たります。

下で当たるとどうなるかっていうと、ボールにはいつもより
多めのスピンがかかってくれるんですね。

そうするとボールは浮きやすくなります。

しっかり打って、フェースの上を滑ってドロップさせるよりも、
ハーフトップで打っていったほうがボールが上がってくれます。

ですから雨のときはグリップを、どうせ雨で濡れて
グリップしっかり持てないのを、もっと力を入れるとリストも何も動かなくなって、
ヘッドが動かなくなるんです。

そこへ持ってきて上からどすんと打つと、
フェイスとボールの間に水がいっぱい入ってしまうんですね。

それよりもなるべくフェイスとボールの間に水がしっかり入らない
ハーフトップを打つようにすると、ボールがそのほうが上がっていってくれるんです。

ボールを上げたほうが雨のときは有利です。
キャリーが出たほうがいいんです。どうせランは出ないんです。

そうするとハーフトップを打っていったほうがいいんですね。

ですからティーショットでも、セカンドでも、またアプローチでも、
あまりしっかりがっしり打っていくのではなくて、
こーんとハーフトップを打ちましょう。

仮にかなり強いトップになったとしても、雨でボールは止まってくれます。
大けがにはなりません。逆にメリットのほうが増えるはずです。

ですから雨のときは、しっかり打つのではなくて、
ハーフトップで軽めのゴルフを心掛けてみてください。