メンタル編 ハザードに吸い込まれるのはなぜ?

こんにちは、右手のゴルフの片山晃です。
 

今日は例えば、右がOB、危ないなと思いながら打つと
右のOBに吸い込まれるように入っていく。
 

グリーンの手前に池があって嫌だな、入っちゃうんじゃないかなって
思ったら必ず入ってしまう。

 

これはよく言われてることですけども。
 

嫌だな、嫌だなと思っていることはそこを意識して
しまっているので、それを意識しないこと。
 

自分がやるべきことだけをイメージすれば、池やOB、
バンカーに入ることはありません。
 

またショートパットも外しそうだな、
外しそうだなと思うと外してしまいます。
 

そうではなくて「あそこに打ちたいよりも」よりも。
もっというと「あそこよりも左に打ちたい」、
「あそこよりも右に打ちたい」。
 

皆さん都合よくピンに寄せる、カップに入れる、
グリーンに乗せるって思ってますけども、
そうそう上手いことに行けません。
 

それよりももっと許容範囲を広げたほうがいいんです。
左のOBだったら、左のワンペナだったらOK、
そのくらい思ってゴルフをやらなければいけません。
 

ある程度のミスは自分で受け入れるだけの余裕をもって
ゴルフをやりましょう。
 

パターも「これ外しそうだな」と思って打つのではなくて。
カップのどこの入り口から、例えばカップの縁を
4分割したらそのどこの縁からボールを入れていくのか。
 

そのことに集中すると、もっとカップインの確率は高くなってきます。
そういうふうに大きく分けるショットはかなり許容範囲を広くする。
パターは自分の打つところをすごく狭くする。
 

今までのように入る・入らない、乗る・乗らないではなくて、
外すんだったらこれだけOK、入れるんだったらここ。
 

小さいものほど目標を細かく、大きなものはある程度大雑把に。
100以上叩く方皆さん言うんですけども、ティーグラウンドに
立って短いホールで広いホールに来ると、
よしバーディー取ろうとかパー取ろうとか。
 

私ティーグラウンドでそんなこと考えたことありません。
バーディー取るとかって考える、パー取ろうって考えるときは
これからバーディーパット打つとき、パーパット打つとき、
バーディーのアプローチをするとき、カップインの可能性があるときに
はじめてバーディー取ろうとか、パーを取ろうとか思うので
ティーショットでそんなこと思いながら打ったことありません。
 

ティーショットは一番言行ってはいけないところだけを避けながら
そこは自分のイメージの中に入れないで、そこ以外だったらどこでもOK。
 

それがグリーンに近づくに従ってだんだん小っちゃくなっていく。
打っていい許容範囲の所だけを自分の頭の中に入れていけば
もっともっとゴルフは簡単になってしまうと思います。
 

ティーショットでバーディーを狙うことはできません。
でもパー4の3打目は、届けばバーディーが狙えるんです。
ですからなるべくグリーンに近づいて行って、
打数を重ねたときに初めて自分でスコアのことを考えるようにしましょう。
 

最初にやることは自分の許容範囲を大きく持ってだんだん小さくしていく。
これが一番大切なことだと思います。
 

まずミスする方は見ない。これは鉄則ですね。そのことを頭に入れて、
ミスする方をまったく見ないで、そこは打ったあとに
そんなところにそんなものがあったのというぐらいの感じで
ゴルフをやってください。
 

そうしないとゴルフ場の罠にどんどんはまっていって、
スコアは崩れるだけになります。
 

そこに注意してゴルフを楽しくやってみてください。