グリーンでボールが止まらない理由

こんにちは、右手のゴルフの片山晃です。
 

今回は、グリーン周りからのアプローチで、どうしても、
ちゃんと打ってるんだけれどもボールがグリーンからこぼれてしまう。
どうしても走りすぎてしまう、ボールが。
トップしているわけではない。
でも、なかなか止まらない。そういう方結構いらっしゃるんですね。

 

100前後で回る方でも結構いらっしゃいます。
それはなぜか。これは多分、原因として私が考えるのに、
グリップの強さが弱すぎるからですね。
 

グリップをソフトに握りすぎているから、ヘッドが走りすぎてしまうんです。
 
ヘッドを遊ばせすぎているんですね。
グリップは大体パター、それからアプローチ、これはグリップをソフトに
握れというふうによくレッスン書で書いていますが、大きな間違いです。
 

グリップをソフトに握ると距離感出ません。
グリーン周りのアプローチは右手も左手もしっかり持ちます。
 

しっかり持って、グリップと自分の手とクラブヘッドを一緒に動かすんです。
そうすると嫌でもフェイスに乗ります。フェイスに乗ったボールは
そんなに転がりません。
 

フェイスに乗っているようでも、グリップを緩くしていると
ヘッドが走りすぎているので、完全にフェイスに乗っていないんですね。
 

ご自分でちゃんと打っているつもりでも、それはハーフトップです。
完全にハーフトップなんです。
 

だからしっかりグリップを右手も左手も握って、しっかり動かすんです。
この練習をやってみてください。
 

練習場でサンドウェッジかアプローチウェッジで1ヤード。
1ヤードをしっかりスイングして、1ヤードを打つんです。
 
この練習をするとボールの距離感、キャリーとランがしっかり自分で認識できます。
ぜひそれを練習してみてください。
 

実際に今、打ってみたいと思います。
しっかり手を動かします。ヘッドをむやみに、打ったあと先にやらないことです。
手とヘッドが一緒に動きます。
 

この動き、ぜひ皆さんも練習してみてください。