バックスイングでオーバースイングは問題ない

こんにちは、右手のゴルフの片山晃です。
 

今回は、バックスイングについてご説明したいと思います。
 

 

 

バックスイング、皆さんかなり間違った意識を持たれていると思います。
バックスイングで、皆さんがいつも気をつけてやっていることは何ですか。
 

多分、この2点じゃないですか。左手を真っすぐに伸ばして、
そして左肩があごの下まで90度回ること。左手を真っすぐに伸ばして、
肩が90度まで回すこと。
 

バックスイングでは、皆さん注意されているポイントって、
多分この2点だと思うんですね。大きな間違いです。
 

バックスイング、特にどんなスイングでも、
スイング中は一番意識しなければいけないのは体の動きではありません。
ヘッドの動きです。
 

ヘッド軌道が真円であればあるほど、ボールは真っすぐ飛んでくれます。
円に近く振れれば振れるほど、ボールは真っすぐ遠くに飛んで行ってくれるんです。
 

皆さんは、体の動きばかりに気を取られて、ヘッドの動き、
フェースの向き、これを全く考えてません。
 

どうして左肩を90度回さなければいけないんですか。
どうして左手が伸びなければいけないんですか。そんな必要は全くありません。
 

左手でしっかり持って、左肩を回して、そのままダウンスイングでも
左サイドでリードで打ってくる。確かにクラブヘッドは遅れてきます。
 

でも、そのまま皆さんお打ちになってるので、弱いスライスボールか
テンプラボール、そんな感じのボールがほとんどです。
 

これをやられてる方は8割以上の方がナイスショットを
打てないでいます。
 

ほとんどのレッスンプロ、レッスン書、必ず左手真っすぐに伸ばして、
肩90度に回せ、そのことばっかり言ってます。
 

私はバックスイングは、ヘッドの助走距離だと思ってます。
体をそんなことさせるよりも、フェースが90度開いて、
なるべく距離がボールから離れていくように助走距離を長く取ればいいと
思ってるんで、別に体が回ろうが回るまいが、ヘッドさえ。
 

だからオーバースイングしていただいて結構です。
自分で戻せる範囲であれば、どこまでオーバースイングしていただいても
結構です。
 

逆にオーバースイングしないで手前で止めて、早打ちになるくらいでしたら、
どうぞいっぱいオーバースイングしてください。
 

ですから、力のない方、また女性の方でしたら、
オーバースイングをしていくほうが、楽だと思います。
 

なぜか、助走距離が長ければ長いほどボールは飛びます。
あとは、フェースローテーションを自分の右手で行えばいいんです。
 

ですから、バックスイングで大切なことは、グリップをフック気味に持って、
まずフェースを開くことです。
 

90度開いたら、そのまま両ひじ、両脇を開けながら、上に上げるだけです。
肩を窮屈に、体が硬くなった皆さんが肩を回す必要、何もありません。
 

後ろを向きながら手を上に上げてしまえば、
これで簡単にバックスイングはできてしまいます。
 

バックスイングでほとんどの方が自分の体力を使いすぎて、
ダウンスイングでは全部力が抜けたスイング。
よく女性の方なんかに見受けられます。
 

打つのは、ダウンスイングからインパクトでいかに力を効率よく使うかの
助走距離なので、バックスイングにそれほど気持ちも取られなくて
結構ですし、体力も使う必要ありません。
 

バックスイングは、ただ簡単にフェースを開きながら、
真上に上げるくらいな感じで結構です。
 

簡単に左手の甲を上に向けながらフェースを開いて、
あとはそのまま上に上げていけば、それだけで大丈夫です。
 

そこを注意しながら、練習をしてみてください。