ティーショットでティーグランドの立つ場所、狙い所

こんにちは、右手のゴルフの片山晃です。
今日はスライスが出やすい方のティーグランドの使い方。
 

 

 

例えばスライスがいつも出るのでティーグランドの右端から
対角線上に打つとかというのはよくあります。
 

確かにそれも一つの方法なんですが、なるべくティーグランドで
スライスの割合が少なくなれば、わりとストレートに狙えますよね。
 

その場合どうするか。
まずティーグランド、ボールがティーアップできる範囲内で、
つま先の上がっているライか、左足の上がっているライを探せばいいんです。
 

そうすると、クラブがアッパーブローないしはインサイドから
入りやすくなりますので、フェースのターンが容易になります。
そういう場所を探してください。
 

どうしても真っ平らなライとか、ちょっとつま先が下がっているライしか
見つからない場合、あまりないと思いますが、
その場合にはティーアップをいつもより高めにして、
そしてつま先上がりのライを想定しながら打っていってください。
 

つまりショートホールでアイアンだから、いつも低いティー。
例えば5ミリくらいしかティーの高さをしなくても、
つま先上がりを想定してたら、1センチ、1.5センチくらいの
アイアンでもティーアップをしてしまえば、
それだけつま先上がりのライになります。
 

ドライバーでも、いつもボールが半分しか出ないくらいの高さに
セットしてるのであれば、ボールが全部後ろにから見えるくらいの高さに
セットすれば、つま先上がりを想定してイメージしながら振ることができます。
 

そうすると、スライスする度合いが小さくなりますから、
そんなにどちらかの端を狙ってシビアに打っていかなくても、
真ん中よりも左めに打っておけば、ストレートか、ないしは若干フェードくらいで
収まるんじゃないでしょうか。
 

ティーグランドの立ち位置よりも、なるべく左足上がり、
ないしはつま先上がりのライを探すか、自分で作り出してティーショットを
打ってみてください。
 

そして忘れないことは、右手を使えばほとんどスライスはなくなりますので、
そのことを注意しながら、ティーグランドに行ってボールを
ティーアップしてみてください。