ゴルフスイングでゆっくり振るのはNG?

今回はよく巷でもまたゴルフ雑誌でもゆっくり振れっていうのを
言われてると思いますが、ゆっくり振る。
 

 

 

確かにクイックで打っててうち急ぎしてる、もっとゆっくり振りなよ。
 
よく言われてます。
私は1度も言ったことありません。
 
例えば練習場でそんなことはできても実際、
コースへ出てボールを打つことに集中してきたら
自分のタイミングでしか振れないんです。
 
タイミングが早い人、私もそうですがクイックに打っちゃう人が
ゆっくりなんて振れっこないんです。
そんなこと無理なんです。
 

だいたいゆっくり触れって言われる方は右の肘をたたみながら、
こういう切り返しが早い人です。
 
こういう人がゆっくり振れって言わるんですね。
ゆっくり振るんじゃないんです。
 
こういう人は右手を大きく使って振れば、
たぶん一緒にゴルフをやってる人からはゆっくり振れとは言われません。
 

大きく動かせばゆったり見えてしまいます。
ゆっくり振るんじゃなくて、大きく動かす。
 
あとバックスイングも大きくゆっくり。
これをよく女性に言う人いるんですね。
 
こうやって打っている女性、ボール飛びません。
私はスイング特にバックスイングというのは助走距離だと思ってます。
 
例えば走り幅跳びの選手が、助走していくのにずっとゆっくりですか?
必ずスピードアップしていくはずです。
 
ですからバックスイングも助走なのでだんだん加速して、
おろすときはもっと加速していかなければいけません。
 
早く振らないとボールは飛ばないんです。
ゆっくり振ってたら飛ぶわけがないんです。
 

加速していてここで右手を大きく使えば、
誰も打ち急いだスイングには絶対見えません。
 
打ち急いだスイングになるのはトップの位置、
決まった位置よりも少し小っちゃくて右手を使わない。
 

左手で下してきたときに早い打ち急いだスイングに見えてしまうんですね。
ですから早く上げてって、大きく右手を使う。これで打ってみてください。
 

実際その形で打ってみたいと思います。
私結構速いです。クイックな方だと思います。
でもそんなに早すぎるということはないと思います。
 
私はこのスイングのテンポを変えてしまったらまったくボール飛びません。
皆さんもテンポの速い方がゆっくりなんて、
絶対スイングを変える必要はありません。
 

そこに気をつけて練習してみてください。