フックの直し方

こんにちは、右手のゴルフの片山晃です。
 

今日はフックがなかなか、皆さんの中にはあまりいないんですけども、
10人いると1人くらいの方ですかね、フックに困っている、
フックが出てしまって困っている、なかなかフックが止まらない、
フックの度合いが大きすぎてOBによくなってしまうという方。
 

 

 

数は少ないんですけども、たまにいらっしゃいます。
そういう方のフックの直し方。
 

これはほとんどの方がそうなんですが、左手主体で、
左の手の甲を伸ばしてローリングしてしまう。
この動きをしてしまうとフックしてしまいます。
 

誰がどうやって振っても、フックしてしまいます。
今、目の前にクラブを持って、どちらかと言うとフックする人は
フックグリップではないんですね。
 

逆にウィークグリップで握ってる方が多いです。
親指が真上にきたウィークグリップです。
そして右手も上から持つような。
 

こうやると、実はクラブをコッキングしづらいんですね。
コックができない。いわゆるノーコックという打法をやられてる方ですね。
 

この方はコックが入らないので、ヘッドの勢いを何でつけるかと言うと、
フェースをローリングさせることでつけるんですね。
 

今、この目の前で振ってみます。
なるべくフェースを後ろで開かないようにして、
そのあとフェースを閉じるんです。
 

見てください。サンドウエッジのこのフェースが、下を向いてしまいます。
これではフックしか出ません。
 

これを普通に下へ向いてやってしまうと、
フックしか出ない、もう形になってしまいます。
 

右手のゴルフだとどうするかと言うと、右手は真っすぐに、
ヒンジングと言うんですが、手首を甲側に曲げて、手のひら側に、
ちょうど目の前に人にビンタをするくらいの感じで、手首を動かします。
 

ここでひねることは全くしません。ただ、こう動かすだけです。
そうすると左手はどうなるかと言うと、左手は甲側に曲がって、
ひじも曲がります。
 

右手が伸びたときに左手は甲側に曲がって、
ひじも内側に曲がる。
この形を作るとフェースはどう動くか。
 

開きながら上がって、閉じるんです。
開きながら上がって、閉じます。
決して下を向くことはありません。
 

ただ閉じるだけなので、ロフトどおりにボールは飛んで行ってくれますし、
ダフり、トップもかなり少なくなってくると思います。
 

決して左手をウィークに持って、ローリングさせる動きだけはやめてください。
私はゴルフで一番いけない動きが、左手のローリングだと思っています。
 

この動きに注意して、サンドウエッジから練習を始めてみてください。
サンドウエッジでロフトどおりの球で、ちゃんとスピンがかかっていれば、
フェースローテーションが正しく行われている証拠です。
 

皆さんも試してみてください。