トップとダフリを簡単に治す方法

こんにちは、右手のゴルフの片山晃です。
 

今回はトップとダフりの原因について、
また、それの対処法、練習方法についてご説明したいと思います。
 

 

 

トップとダフり言うと、二つの原因がありそうに
皆さん感じるかもしれませんが、実はトップもダフりも
原因は一つなんです。
 

何かと言うと、スイング中。
特にダウンスイングで自分の回転軸が、
上体から上が右に傾いてしまう。この状態ですね。
 

原因としては、ボールを高く上げたいとか、
強く打つために右のひじを絞ってクラブをためて下ろす。
 

あとは頭を残そうとしすぎるがあまり、頭ごと右へ傾いてしまう。
これがトップとダフりの原因です。
 

早くそのまま手がほどければダフるし、そのまま右手の角度を
キープして最後にほどくと、そのままトップ。
 
もう、トップとダフりの原因は自分の回転軸が
ちょうどおへその辺りから右に傾く、これが原因です。
 

回転軸は頭のてっぺんからつま先まで、一直線になるように構えます。
そして左足に重心、体重がかかれば、
トップもダフりもほとんどなくなります。
 

どんなライでもちゃんとボールが打てるようになるので、
これをやるには、やはり狭いスタンス、そしてクローズドスタンス。
 
かなり後ろに右足を引いたクローズドスタンスで、
右足のかかとを少し上げた状態でアドレスしてください。
 

かかとを軽く浮かせてひざを曲げて、
この状態でボールを打っていく練習をしてください。
スイングの大きさは、ハーフスイングより多少大きいくらいで結構です。
 

体重を、これで右足から左足に動かしたりせず、左足に乗せたまま、
この形で(打つ音)打っていくと、球をきれいに打つことができます。
 

皆さんも試してみてください。