スイング中の体重移動がミスショットの原因

こんにちは、右手のゴルフの片山晃です。
 

今日はスイング中の体重移動についてご説明したいと思います。
 

 

 

私が考えるに、体重移動というのはほとんど行わなくても
何も問題ないと思います。
 
力の弱い、本当に力が弱くなってきた女性に限って、
多少の体重移動はあってもいいと思いますが、
絶対になければボールが飛ばないということはありません。
 

逆にする必要はほとんどないと思ってます。
では体重移動というのは、右から左にどのくらい動いたらいいものなのか。
 
それは、本来ですと左1軸ですから、左の股関節の上から体重は外れません。
それを多少ドライバーの場合、一番長いクラブでフラットに振るので、
右の股関節から左の股関節。
 
つまり距離にすると10センチから15センチくらいの幅を動くだけです。
 

大体、左サイド主体、左サイドリードで打っている方は、
ほとんどが左のかかとのほうに体重を逃しながら打っているので、
フェースがスクエアに返らないんです。
 

それは体重を移動してるのではなくて、自分の体重を外に逃がしながら
ただクラブを振っているだけで、体重の乗った厚いインパクトにはなりません。
 

よくあるのは、トップから左足のかかとのほうへ体重を乗せて、
左腰を切って、後ろへ体重がいってしまう。
これでは全くボールに勢いのついたヘッドを落とすことはできません。
 
ただただ撫でるようにクラブヘッドが下りてくるだけなので、
弱いスライスボールにしかなりません。
 

逆に体重を移動しないで胸を後ろに向けたままフェースを戻してくると、
厚いインパクトになって力強いボールが打てるはずです。
 

そこを注意しながら、皆さん体重移動よりも、
胸を開かないで打つ練習をやってみてください。