右手のゴルフ・片山晃の無料レッスン動画配信中!

片山プロのレッスン動画をメールを毎日配信しています。
ご希望の方はメールアドレスを入力の上、『メルマガを受け取る』ボタンをクリックして下さい。




右手のゴルフ関連記事一覧

ゴルフで右手を使うとドライバーのスライスがすぐに直った

実は私もスライスは得意中の得意です^^;
 
ゴルフを始めた時はまともに当らず、
当たってもスライスするといった感じでした。
 
その後もずっとスライスとは長い付き合いです。
 
アイアンではスライスは出ないようになりましたが、
やはりドライバーだとスライスしてました。
 
色々雑誌なんかを読んでスイング中は左手がこうなって、
右肘はこうで、下半身はこうなって、とかやってましたが、
全くスライスがなくなる気配はありませんでした。
 
しかしある時、ネットで面白い記事を見かけたんです。
片山晃プロが教える「右手のゴルフ」です。
 
ゴルフは右手でやる。
といった内容でした。
 
右手?
 
今まで、ゴルフでは右手は
使ってはいけないものだと思ってました。
 
初めての打ち方でしたが、
たった数球で今までのとの違いに驚きました。
 
こんなに厚いというか、しっかりとした
打感が残る感触は初めてでした。
 
意識的にゴルフで右手を使った事はなっかのですが、
初めてなのにとても簡単にできてしまいました。
 
もちろん、ボールはスライスすることはなかった
ですし、小さなスイングのわりに
しっかりと高さが出て気持ち良い球が打てました。
 
嘘だと思うなら、これを見た人は練習場で
右手を使ってドライバーを振ってみて下さい。
 
この右手を使ったゴルフスイングなら、
誰でも簡単にスライスを直すことが出来ると思います。
 

 

ゴルフメンタル ハザードに吸い込まれるのはなぜ?

こんにちは、右手のゴルフの片山晃です。
 

今日は例えば、右がOB、危ないなと思いながら打つと
右のOBに吸い込まれるように入っていく。
 

グリーンの手前に池があって嫌だな、入っちゃうんじゃないかなって
思ったら必ず入ってしまう。

 

これはよく言われてることですけども。
 

嫌だな、嫌だなと思っていることはそこを意識して
しまっているので、それを意識しないこと。
 

自分がやるべきことだけをイメージすれば、池やOB、
バンカーに入ることはありません。
 

またショートパットも外しそうだな、
外しそうだなと思うと外してしまいます。
 

そうではなくて「あそこに打ちたいよりも」よりも。
もっというと「あそこよりも左に打ちたい」、
「あそこよりも右に打ちたい」。
 

皆さん都合よくピンに寄せる、カップに入れる、
グリーンに乗せるって思ってますけども、
そうそう上手いことに行けません。
 

それよりももっと許容範囲を広げたほうがいいんです。
左のOBだったら、左のワンペナだったらOK、
そのくらい思ってゴルフをやらなければいけません。
 

ある程度のミスは自分で受け入れるだけの余裕をもって
ゴルフをやりましょう。
 

パターも「これ外しそうだな」と思って打つのではなくて。
カップのどこの入り口から、例えばカップの縁を
4分割したらそのどこの縁からボールを入れていくのか。
 

そのことに集中すると、もっとカップインの確率は高くなってきます。
そういうふうに大きく分けるショットはかなり許容範囲を広くする。
パターは自分の打つところをすごく狭くする。
 

今までのように入る・入らない、乗る・乗らないではなくて、
外すんだったらこれだけOK、入れるんだったらここ。
 

小さいものほど目標を細かく、大きなものはある程度大雑把に。
100以上叩く方皆さん言うんですけども、ティーグラウンドに
立って短いホールで広いホールに来ると、
よしバーディー取ろうとかパー取ろうとか。
 

私ティーグラウンドでそんなこと考えたことありません。
バーディー取るとかって考える、パー取ろうって考えるときは
これからバーディーパット打つとき、パーパット打つとき、
バーディーのアプローチをするとき、カップインの可能性があるときに
はじめてバーディー取ろうとか、パーを取ろうとか思うので
ティーショットでそんなこと思いながら打ったことありません。
 

ティーショットは一番言行ってはいけないところだけを避けながら
そこは自分のイメージの中に入れないで、そこ以外だったらどこでもOK。
 

それがグリーンに近づくに従ってだんだん小っちゃくなっていく。
打っていい許容範囲の所だけを自分の頭の中に入れていけば
もっともっとゴルフは簡単になってしまうと思います。
 

ティーショットでバーディーを狙うことはできません。
でもパー4の3打目は、届けばバーディーが狙えるんです。
ですからなるべくグリーンに近づいて行って、
打数を重ねたときに初めて自分でスコアのことを考えるようにしましょう。
 

最初にやることは自分の許容範囲を大きく持ってだんだん小さくしていく。
これが一番大切なことだと思います。
 

まずミスする方は見ない。これは鉄則ですね。そのことを頭に入れて、
ミスする方をまったく見ないで、そこは打ったあとに
そんなところにそんなものがあったのというぐらいの感じで
ゴルフをやってください。
 

そうしないとゴルフ場の罠にどんどんはまっていって、
スコアは崩れるだけになります。
 

そこに注意してゴルフを楽しくやってみてください。
 

 
  もっと片山プロのレッスン動画をみたい!
他のレッスン動画はコチラ

グリーンでボールが止まらない理由

こんにちは、右手のゴルフの片山晃です。
 

今回は、グリーン周りからのアプローチで、どうしても、
ちゃんと打ってるんだけれどもボールがグリーンからこぼれてしまう。
どうしても走りすぎてしまう、ボールが。
トップしているわけではない。
でも、なかなか止まらない。そういう方結構いらっしゃるんですね。

 

100前後で回る方でも結構いらっしゃいます。
それはなぜか。これは多分、原因として私が考えるのに、
グリップの強さが弱すぎるからですね。
 

グリップをソフトに握りすぎているから、ヘッドが走りすぎてしまうんです。
 
ヘッドを遊ばせすぎているんですね。
グリップは大体パター、それからアプローチ、これはグリップをソフトに
握れというふうによくレッスン書で書いていますが、大きな間違いです。
 

グリップをソフトに握ると距離感出ません。
グリーン周りのアプローチは右手も左手もしっかり持ちます。
 

しっかり持って、グリップと自分の手とクラブヘッドを一緒に動かすんです。
そうすると嫌でもフェイスに乗ります。フェイスに乗ったボールは
そんなに転がりません。
 

フェイスに乗っているようでも、グリップを緩くしていると
ヘッドが走りすぎているので、完全にフェイスに乗っていないんですね。
 

ご自分でちゃんと打っているつもりでも、それはハーフトップです。
完全にハーフトップなんです。
 

だからしっかりグリップを右手も左手も握って、しっかり動かすんです。
この練習をやってみてください。
 

練習場でサンドウェッジかアプローチウェッジで1ヤード。
1ヤードをしっかりスイングして、1ヤードを打つんです。
 
この練習をするとボールの距離感、キャリーとランがしっかり自分で認識できます。
ぜひそれを練習してみてください。
 

実際に今、打ってみたいと思います。
しっかり手を動かします。ヘッドをむやみに、打ったあと先にやらないことです。
手とヘッドが一緒に動きます。
 

この動き、ぜひ皆さんも練習してみてください。
 

 
もっと片山プロのレッスン動画をみたい!
> 他のレッスン動画はコチラ


ゴルフ 右手1本でスイングしてスライスが打てますか?

こんにちは、右手のゴルフの片山晃です。
 

今回、スライスで悩んでいる方、結構いらっしゃるんですよね。
右手のゴルフやっても、やっぱりスライスしてしまう。
よく言われます。
 

 

 

私の皆さんにお勧めしているドリルの中に片手打ちというのがあります。
何番でも結構なんです。
 

慣れない方だったらピッチングウェッジとか9番アイアンとか短いクラブで、
少しクラブも短く持って右手だけで打ってみてください。絶対にスライスしません。
 

右手1本で打つと、必ずフェイスを、どんな上げ方をしても結構ですけれども、
必ず右手だけでこれを打てと言ったら、右手でフェイス閉じさせちゃうんですね。
 

当然そうしないとボール当たんないですから。
この動きがクラブで一番大切な動きなんです。
 

でも、何で両手で持った途端にその動きをしないで真っすぐに
ボールに当てようとするんでしょう。
 
スライスで悩まれている方というのは、やはり両手でクラブを
振らなきゃいけない、フェイスを真っすぐに当てなきゃいけないと
思っているからです。
 

それは大きな間違いです。
右手1本でボールを打とうとしたとき、フェイスは必ず開いた状態から閉じた状態。
 
打った瞬間にフェイスのトウが天井を向くような状態になってるはずなんです。
ですから両手を添えてグリップしたときも、右手に意識を持って
右手だけで打ったときと同じことをやればいいんです。
 

そうすればスライスなんかしません。ドライバーで打っても同じです。
わからなければドライバー、ティーアップをして軽く右手だけで打ってみてください、
絶対スライスしません。
 

確かに飛ぶ距離は50ヤードか100ヤード以内だと思います。
でも絶対スライスしないはずです、右手1本で打てば。
 

そこへ左手を持ってきて、左サイドとか体を使って振った瞬間に
全部スライスしちゃうんですね。
 
右手だけで、体使わないで、フェイス閉じてやれば簡単に真っすぐ、
またドロー系のボールになるはずです。
 

100を切るぐらいな方でもドローボールを打ったことがないという方、
結構いらっしゃいます。「ドローボールってどうやって打つんですか」。
 

ナチュラルにフェイスを開いて閉じれば、誰だってドローします。
そこを皆さん認識していただいて、右手1本で振って
「ああ、これがフェイスの動かし方なんだ」と思ったうえで、
両手でで同じことをやってみる。
 

大きなスイングから始めることはありません。
ハーフスイングぐらいで、しっかりフェイスをローテーションさせて、
真っすぐないしはやや左に曲がるドローボールを打ってみてください。
 

実際に今、右手1本でこのスイングでボールを打ってみたいと思います。
簡単に左に曲がっていきます。
 

皆さんも、フェースローテーションを右手1本でやってみてください。
 

 


ゴルフ バックスイングでオーバースイングは問題ない

今回は、バックスイングについてご説明したいと思います。
 

 

 

バックスイング、皆さんかなり間違った意識を持たれていると思います。
バックスイングで、皆さんがいつも気をつけてやっていることは何ですか。
 

多分、この2点じゃないですか。左手を真っすぐに伸ばして、
そして左肩があごの下まで90度回ること。左手を真っすぐに伸ばして、
肩が90度まで回すこと。
 

バックスイングでは、皆さん注意されているポイントって、
多分この2点だと思うんですね。大きな間違いです。
 

バックスイング、特にどんなスイングでも、
スイング中は一番意識しなければいけないのは体の動きではありません。
ヘッドの動きです。
 

ヘッド軌道が真円であればあるほど、ボールは真っすぐ飛んでくれます。
円に近く振れれば振れるほど、ボールは真っすぐ遠くに飛んで行ってくれるんです。
 

皆さんは、体の動きばかりに気を取られて、ヘッドの動き、
フェースの向き、これを全く考えてません。
 

どうして左肩を90度回さなければいけないんですか。
どうして左手が伸びなければいけないんですか。そんな必要は全くありません。
 

左手でしっかり持って、左肩を回して、そのままダウンスイングでも
左サイドでリードで打ってくる。確かにクラブヘッドは遅れてきます。
 

でも、そのまま皆さんお打ちになってるので、弱いスライスボールか
テンプラボール、そんな感じのボールがほとんどです。
 

これをやられてる方は8割以上の方がナイスショットを
打てないでいます。
 

ほとんどのレッスンプロ、レッスン書、必ず左手真っすぐに伸ばして、
肩90度に回せ、そのことばっかり言ってます。
 

私はバックスイングは、ヘッドの助走距離だと思ってます。
体をそんなことさせるよりも、フェースが90度開いて、
なるべく距離がボールから離れていくように助走距離を長く取ればいいと
思ってるんで、別に体が回ろうが回るまいが、ヘッドさえ。
 

だからオーバースイングしていただいて結構です。
自分で戻せる範囲であれば、どこまでオーバースイングしていただいても
結構です。
 

逆にオーバースイングしないで手前で止めて、早打ちになるくらいでしたら、
どうぞいっぱいオーバースイングしてください。
 

ですから、力のない方、また女性の方でしたら、
オーバースイングをしていくほうが、楽だと思います。
 

なぜか、助走距離が長ければ長いほどボールは飛びます。
あとは、フェースローテーションを自分の右手で行えばいいんです。
 

ですから、バックスイングで大切なことは、グリップをフック気味に持って、
まずフェースを開くことです。
 

90度開いたら、そのまま両ひじ、両脇を開けながら、上に上げるだけです。
肩を窮屈に、体が硬くなった皆さんが肩を回す必要、何もありません。
 

後ろを向きながら手を上に上げてしまえば、
これで簡単にバックスイングはできてしまいます。
 

バックスイングでほとんどの方が自分の体力を使いすぎて、
ダウンスイングでは全部力が抜けたスイング。
よく女性の方なんかに見受けられます。
 

打つのは、ダウンスイングからインパクトでいかに力を効率よく使うかの
助走距離なので、バックスイングにそれほど気持ちも取られなくて
結構ですし、体力も使う必要ありません。
 

バックスイングは、ただ簡単にフェースを開きながら、
真上に上げるくらいな感じで結構です。
 

簡単に左手の甲を上に向けながらフェースを開いて、
あとはそのまま上に上げていけば、それだけで大丈夫です。
 

そこを注意しながら、練習をしてみてください。
 

 




最新コラム記事一覧

練習場で出来るバンカーショットの練習
こんにちわ 右手のゴルフの片山晃です。 今回は、練習場でのバンカーショットの練習方法 これについてご説明したいと思います。 [su_youtube_advanced url="https://youtu.be/hCAxOdSm6Ag"] なかなか、練習場のマ
 
 【練習場で出来るバンカーショットの練習・・・】 の続きを読む

素振りと本番が変わってしまう理由
こんにちわ 右手のゴルフの片山晃です。 今回は、良く私がコースで ラウンドレッスンで行った時に聞く事ですね。 [su_youtube_advanced url="https://youtu.be/x-KL8SqWX1Q"] 素振りはいいんだけど、実際にボール
 
 【素振りと本番が変わってしまう理由・・・】 の続きを読む

スイングプレーンの勘違いとは?
こんにちわ 右手のゴルフの片山晃です。 今回は、スイングプレーンについて ご説明したいと思います。 [su_youtube_advanced url="https://youtu.be/fZWpsv2jOHc"] スイングプレーンと言うのは 丁度、ヘッドが
 
 【スイングプレーンの勘違いとは?・・・】 の続きを読む

コッキングは90度では不足している
こんにちわ 右手のゴルフの片山晃です。 今回は、コックの角度ですね。 これについご説明したいと思います。 [su_youtube_advanced url="https://youtu.be/_YsFzSZVZ2Q"] 私も良く言ってます、コックは90度
 
 【コッキングは90度では不足している・・・】 の続きを読む

朝イチや午後イチの注意点
こんにちわ 右手のゴルフの片山晃です。 今回は、朝一のティーショットとか お昼、ごはんが終わった後の一番のティーショット [su_youtube_advanced url="https://youtu.be/hGXDLCvESHo"] こういう時に、なんとな
 
 【朝イチや午後イチの注意点・・・】 の続きを読む

練習場での練習方法
こんにちわ 右手のゴルフの片山晃です。 今回は、練習場での皆さんの 練習の仕方について ご説明したいと思います。 [su_youtube_advanced url="https://youtu.be/Guwrkr9lR4o"] 良く私が見てて、気になる事が
 
 【練習場での練習方法・・・】 の続きを読む

フェイスローテーションの確認方法
こんにちわ 右手のゴルフの片山晃です。 今回はフェイスローテーション 自分で確認する方法ですね。 これについてご説明したいと思います。 [su_youtube_advanced url="https://youtu.be/V3iXNSEMg_U"] 私
 
 【フェイスローテーションの確認方法・・・】 の続きを読む

バックスイングでクラブを上げる方向
こんにちわ 右手のゴルフの片山晃です。 今回は、バックスイングの上げる位置ですね。 これについて、ご説明したいと思います。 [su_youtube_advanced url="https://youtu.be/Vl1NPIU-8mw"] 私が、アマチュアの皆
 
 【バックスイングでクラブを上げる方向・・・】 の続きを読む

アマチュアにも可能なスピンコントロール
こんにちわ 右手のゴルフの片山晃です。 今回は、アマチュアの方でも出来る スピンコントロールですね。 [su_youtube_advanced url="https://youtu.be/jz66OU66rRc"] 実は、今のクラブとボールというのは 打ち
 
 【アマチュアにも可能なスピンコントロール・・・】 の続きを読む

ヘッドをアウトサイドに出すコツ
こんにちわ 右手のゴルフの片山晃です。 今回は、ヘッドをインサイドアウトに振る。 [su_youtube_advanced url="https://youtu.be/WP53xab6o34"] 私もヘッドはインサイドアウトに振って下さい って良く言っていま
 
 【ヘッドをアウトサイドに出すコツ・・・】 の続きを読む